読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別館、身体論・武術・スポーツのお部屋

身体論・武術・スポーツ関係を分割してこちらで独立して書いてます 野球評論は辛辣に書いてますので苦手な方はご注意下さい

九月のホークス第三週

【カードの頭を取りゲームを消化するも、ミスだらけのカード】

9/16 京セラ 西VS大隣 0-5勝ち

 バッファローズキラー大隣対ホークスキラー西というところでしょうか。1・2番をサクッと三振のあと、打てる球がなかった大隣が糸井に対して二球続けて甘い、ボールが浮きました。が、糸井ヒットのあと外を見せるだけでペーニャはアウト。全く合う気がしませんね。ボール見えてないんじゃないでしょうか?

 二回マッチが低めをキレーに弾き返して、お!今日の松田は期待できる!と思わせて牽制アウト。ドライアイ関係なく、完全に虚をつかれましたね。この大事なゲームで何をやっとんだという感じですね。リードとりまくって積極的に塁を盗みに行ってアウトとかならともかく論外でしょう。で、ギータが外を引っ張って三塁を破りヒット&盗塁。吉村がタイムリー。無理せず歩かせて細川勝負でよかったような…。大隣相手に何点も取れないでしょうしね。吉村が外ボール球二つ振ってしまったので打ち取れるという思惑もあったのでしょうけどね。マッチの時と同じく真ん中低めに行ってしまいましたね。

 その裏ヘルマン四球、川端の辺りをマッチが掴みきれず。うーん取って欲しかったですね。こういう時に守備で良いプレーがあると一気に乗って行けますからねぇ。で、ゲッツーの当たりを明石の送球が高くゲッツー取りきれず…。うーん本多ならどうだったかな?という感じ。これだと明石より金子入れたほうがまだいいんじゃないですかね?金子は繋ぎを意識するバッターですし。最近あんま打ってないならなおさら金子でいいでしょう。

 外・外スラで最後インローで平野を仕留めました。外狙ったのが逆行ったんですね。逆行った分助かりましたね。

 3回、そんな思いが通じたのが先頭明石がヒット、中村も続きます。ボールが高かったり甘く入ってますね。今宮送ってチックタイムリー。そしていつものデホゲ。一塁空いてるので内川歩かせてというも前回失敗しているのでさすがに取れなかったですね。たま浮いてますしね。ツーボールから一球待つとかそういう余裕が無いの見透かされてますね。外スラでくるーん、それを意識させての同じ外シュートで詰まってゲッツーって相手の思うつぼですね。

 その三回裏、安達に外のカーブかなんかを上手く合わせられて、ちょっとやなとこで糸井ゲッツー。クリーンナップがこれなんでまず2点以上は取られないと考えられますね。あと一点取れば勝ち確でしょう。

 イケルと思ったマッチは追い込まれて低め変化球にバットが止まって、怪我明け振らなくなったなぁと思ったら今度は外のボールからボールをくるーん。際どいとこなら仕方ないですけどね…。マッチは自滅しちゃいましたかねぇ。しかし吉村も同じようなたまで空振り三振ですね、これは西にキレが出てきたのか?細川がうまーく打ちましたが、レフト前に出てたのがはまってますね。ギータが帰ってこれませんでした。

 4回裏初めての三者凡退。サクサク感からやっぱりオリは点取るの難しいなというところ。そして5回デホの3ランでゲームを決めました。勘違いしてましたが、敬遠でHRというのはこの日でしたね。まあ先ほどの内容を見ると内川歩かせてデホ勝負になるでしょう。しかし今宮バント成功しましたが先ほどと今回、二回も初球バントを打ち上げたのがやっぱり気になりますね。CSで大事なところでバント失敗しないですかね…。左に対して甘く入ってくるのを粘って打って欲しいと思ってたところで晃がきっちり粘って選んでくれたのは大きいですね。さすがにこう毎回毎回ランナー出してれば西といえどもキツイですね。

 前回失敗しても、4番なんだから同じ失敗を二回しないことが大事やで―と思ってたら、ツーボールから同じ外スラをくるーん。これで厳しいかな?と思った所、本当に甘い球来ちゃいましたね。この試合にかけていた西は泣き崩れてしまいました。それをペーニャらが壁を作って隠そうとしていたのが印象的でしたね。大隣が完璧な投球で一点もやれない!という気持ちもあったのでしょうかね?あの失投は。大隣の球浮いたり逆行っても、全然捉えられませんでしたからね。

 5回裏、マッチがファールになった厳しい当たりを取れませんでした。あれをとっても意味無いですが、良い反応が見られないこと、明石がエラーしたこと。この時期になって選手の動きがおかしくなっていますね。変なエラーが連発した完全にコンディション管理の失敗でしょう、これは。コボスタあたりからこんなんばっかですからね。巨人が一つ一つのプレーをきっちりこなして選手が活躍せずとも優勝を勝ち取ったのと対照的ですね。

 ウチの盗塁は大石コーチがあってのことだったのでしょうか、大石さん呼び戻しましょうか?最近盗塁ギータ以外出来ないですしねぇ。明石があの抜け球でアウトになってしまうのは問題ですね。スタート失敗しましたね。そこまでタイミング取りづらいと思えませんでしたが…。

 糸井はまたゲッツー。安達がプッシュバントで何とか揺さぶって塁に出ただけに、これでどうしようもないと意気消沈させる決定打ですね。まあ既に試合は見えていますが。前回終わりに続いてゲッツーで、なんとか塁に出たらこれだよ!状態ですね。もうどうしようもない(二回目)。CSでは大隣がいるのでオリと優位に試合ができますね。

 7回ヘルマンにインロースライダーかチェンジアップかわからないですが、あれ振らないんですよね。誘いに乗らないのにあれ続けるのは、あれを見せることで打ち取りやすい、打ち取れるとかあるんでしょうかね?

 8回デホに何故代走出さない…。ランナー入れ替わりでマッチ走りましたが、明石と同じようなアウト。キャッチャーがあんな外に構えたのに何故走ったのか…?困りましたねぇ、こんだけ走塁で結果が残せないと一点を取る画が見えてこないですね。まずいなぁ、ホント。なんというか本当勢いでやってるから、ちょっと失敗して空回りすると、取り戻せない・状態元に戻せないんですよね。これだ!という根拠・理が無いので。

 9回デホに代走出さなかったのに、ツーベース打った吉村に代走ってこれどういうことなんですかね?負け試合でテストで出てきた榊原から一点をキッチリ取れれば相手に与えるダメージは大きい。この三連戦だけでなく、ラストの試合・CS含めても。しかし、明石が内野前進でセカンドゴロ。初球を打ってそれはいけません。こういうところできっちりやれない明石はやっぱりスタメン勝ち取れない選手ですね。ここは絶対最後にトドメの一点をとらなくてはいけない場面…。なんかシーズンを象徴するシーンですね。今宮はなんとか粘ってつなごうとしたんですけどね。

 大隣は圧巻の完封、大事なところで大事な仕事をきっちりこなしてくれました。大隣が来シーズン10勝すると期待できる素晴らしい内容ですね。ペーニャ最後あんな所引っ掛けてゲッツーですね。左キラーのペーニャのはずなんですけどねぇ。二級じゃないとダメということでしょうか。4併殺とオリ打線は子供扱いされましたね。130キロ台のボールでもまるでタイミングが合わない投球術の妙ですね。

9・17 金子VS摂津 10-4で負け

 魔境京セラで連勝出来るとは思えないのと、エース金子。前回勝った同じ対決でまた勝てるとは思えないという感じで、まあ今日は負けるだろうなぁ~という感じで見ていました。逆に言うとこういう時、エース摂津復活流石!という感じだといいんですけど、まあ当然そんな上手いこと行くはずもなく。

 初回、今宮が甘い真ん中来たたまを仕留められなかった。球威がある・ハシってるということか、こりゃあ厳しいなと。そして、お、ライト前と思うような辺りがライトに捕られる。金子相手に大きいのを狙わずにコンパクトという意識が今宮に見られない=チームでの対策ができてない。これはまあ無理だろうと早くも思いました。

 摂津がいつものごとく立ち上がりが良くないというだけで、二回・三回以降コントロール・シンカーのキレが戻るとかならまだ全然行ける!と思うのですがやはりよくない。抜けるし浮いてしまいますね。いつ捉えられてもおかしくない感じがしました。

 審判がなんか異常にスイング取りますね。デホのあれは振ってないでしょう。しかしデホの足とはいえ、ボールがこぼれたのだからきっちり一塁に走るべき。本当に一塁に行く走塁が怠慢ですね、デホは。

 三回平野が粘って1・2間を抜く。ランナーが走っていて1・3塁に。こういうエンドランをウチもやらないといけない。こういうのを決められた時点で、やっぱ向こうのベンチのほうが勝ってるなぁと思う所。もし走ってなかったら、セカンドの守備範囲でしょう。昨日こういう最低限がウチはできなかった。ここでエンドラン成功から犠牲フライならもう負けるだろうなと思っていたらきっちり犠牲フライ。続く糸井のタイムリーで2-0。金子相手にこれでもうおしまいでしょうね。今宮の中継プレーでのミス。ミスしなくてもセーフだったでしょうけど、本当にこういうミスが多い。選手のコンディションが軒並み落ちていますね。

 その直後、点を取ってもらった次のイニングビシ!と金子が抑えるとおもいきや、解説の人が肩甲骨あたりを気にしていたというしていましたが、その関係なのでしょうか?晃を先頭歩かせてしまい、今宮送って、アウトロー甘くシュートしてきたのをデホがHR。一番が出て四番がHRで仕留めるという理想的展開が出来ました。外の出し入れだけでデホを仕留めるのか、インローにシュートとか見せると面白いけどなぁ、必要ないのかな?と思いましたが、先頭を四球出したところでちょっとミスがあるぞと考えてリードすべきだったかもですね。

 直後摂津が抑えると面白くなる所。岡田は初球から外を引っ掛けましたが、同点にされた直後、そこ初球から打つところですかねぇ?ヘルマンも狙い球ではないようなところを引っ掛けた感じ。あらら、どうしたんでしょうか?相性のいいはらたくがカーブを上手く拾ってさんぼんを避けますが、続く駿太も初球アウト。追い込まれる前に積極的にと言っても、相手を楽にするだけでしょ。絞って打たないと。いい野球するなぁと思った直後にオリはこれですからね…。まあ毎回毎回うまくいくわけでもないのは確かですが。

 ちょっと落ち着いてきたかな?と思ったら、5回平野が粘って歩いて安達でエンドラン成功…。もうやりたいようにやられていますね。昨日の大隣ならここでゲッツーに斬る所ですが…、糸井の足が万全でもないのでゴロに討ち取りたいところ。引っ掛けさせるカーブを投げて、それを読んで走らせてゲッツーを防ごうという森脇監督。牽制の前に一度インハイに構えたんですけどね、行ったら面白かったんですが、まあ今日のコントロールだと厳しい。シンカーかな?抜けて安達に走られました。

 前進守備よりも一点、最小限で切り抜けるほうが今日の摂津はいいんじゃないかな?と思いましたが、きっちり0点で抑えましたね。ペーニャ引き続いてダメですね。糸井が何とか打てそうですがT、ペーニャが厳しいところでしょうか。

 6回裏、先頭Tがツーベース。ギータあれ取れないのか…。たしかに難しいですが追いついてましたからねぇ…。ヘルマン死球。はらたくバント失敗。細川がよく三塁で刺しましたね。駿太のファーボール、変化球で空振りさせられないところを見ると、次打たれたら限界でしょうね。

 伊藤にタイムリーで4-2。このゲームを絶対取りに行くという意志があるならここで代えなくてはいけなかったでしょうね。大事なのは明日で、明日きっちりとるために今日はある程度捨て覚悟なら別ですが。次いやーな仕事をしてきている平野ですしね。しかし安達のハーフスイングは取るべきでしょう、デホの厳しいので取ったのですから。それはないでしょう。審判酷いですね。

 糸井に打たれて7-2。それでも代えないということはやはり今日は負けで仕方がない。明日取るということなのでしょうね。なんとか完投を防いだだけマシ。最後に金子を引きずり下ろしただけ見事でしょう。ただ三連打など集中して、アウト使ってもう1点とれるというところで取りきれないのはアレですが。

9/18 松葉VS武田 3-2負け

 オリキラーの武田。制球さえ安定すればまず勝てるだろうという試合ですが、初回いつものパターンでワンナウト2塁で内川。とらえたかな?と思ったら、センター駿太のファインプレーで晃が戻れずということに。うーん、折角の立ち上がりのチャンスを潰されてしまいましたねぇ、痛い。更にフェンス際のプレーということでビデオ判定で変な間が開いて怖い所も糸井以外全部三振というほぼ完璧な立ち上がり。

 2回ヘルマンにファーボール&ボーク、そして駿太ヒットとチャンスを作られて相性の悪い川端。しかしこれを打ち取って抑えます。ヘルマンがホームに突っ込んだのですが、あの位置から武田の送球が背中に当たるように、かぶさるように直線的に走ったら武田が送球を逸らして細川に送球。もし回りこんでいたらセーフという面白い展開でしたね。回りこんでたら逸らさなかったかどうかはまた別の話ですけどね。ランナーと重なるから送球逸らしたわけで。

 これで切れるかと思うも伊藤にタイムリーそして、ギータがまた後逸…。うーんこの守備の乱れ…。大事な三連戦で全部ミスがあるってどういうことなんでしょうか?先ほどの松田の牽制死と言い、つまらないポカで流れを悪くするのはダメですね。というか強いチームはつまらないミスをしない、細かいプレーを徹底するものですから。吉村ファースト危なっかしいですね。武田のベースカバーなかったら危ないというポロリあり、牽制逸らしてしまったり。牽制は武田の送球がよくなかったんですが、上手いファーストなら取れたでしょう。

 守備を考えるとセンターに城所入れて、ギータレフトかギータDHにするか…。明石ファーストかギータもファーストやったことないでしょうしねぇ。チームの中心となれる内川がファーストでピンチでマッチと一緒に声かけるという形がいいんですけどね。デホはファーストうまくても、守備範囲にバント処理があれなのでおいとけませんしねぇ。やはりセカンド金子、ファースト明石にしてDH吉村でデホを外すというのが一番いい形でしょうかね。状態次第でデホと吉村入れ替えで。

 まあCSで守備重視にするかどうか…。今シーズン見ると危ない感じがしますけどね。つうか三連戦でいい加減金子を使わないのが意味わからないですね。確実に繋ぎを重視した打線をCS想定して金子を試さなくてはいけないでしょう、最低でも一試合は。つうか普通は金子優先して使うでしょうしね。いつものように、調子・作戦などを考えて選手を使うのではなく、固定的に起用をするというまずい用兵ですね。はぁ、CSが本当こわい。

 吉村が甘く入ってきた球をHR。流石振りきれてますね。HRのあときっちり選んできますし。最近HR打ってるデホとどちらを選ぶか…。まあ個人的には吉村ですが。

 先頭今宮が出て、3・4番が凡退。一戦必勝のこの戦いでエンドランをかけて2塁に進ませないのは何故なのか…。オリがヘルマンのセーフティーでワンナウト3塁の状況を作っていったのと対照的ですねぇ。松田のところで盗塁を仕掛けていくのはセオリーで、アウトでもオッケー。伊藤の肩が勝りましたね。ランエンドヒットがうちの野球で三球目の外構えた所、仕掛けても良かったような。ヒッティングカウントですし。四球目刺されたのは、浮いたのか?走ったのがわかったから少し外したのかどっちでしょうか。

 昨日の金子の続投はこのためでしょうか、スパッとマエストリに代えてきました。初めから決めていたのでしょう。しかしまあこういう継投だと持たないですわな。

 今日は全体的にテンポが早かった武田。意識していたのでしょうかね?6回糸井へのラストボールは入ってたような?うーん。ペーニャは完全に外れたボールを三振。ヘルマンに裏かいてインハイズバで見逃し三振。ヘルマンは少し甘い真っ直ぐを仕留め切れない。やはり武田にタイミングが合わないんですねぇ。オリ打線は。駿太が失投を逃さずに仕留めて3-1。これでゲームが決まりました。しかしやはり武田をまともに打ち崩したという感じはありません。武田がファーボールで自滅しない限りはオリは打てないという図式は変わらないでしょうね。先頭糸井のファーボールも微妙でしたし。

 7回、内川がアウトロー逆球、インハイを流して出ます。続くデホが馬原が先程から荒れてる、逆球という状況なのに失投を仕留め損ねます。ここ2試合いい仕事をしてきて相手も警戒しているはず。どうも試合終盤に入った1点・2点負けている状況では打てないバッターなのかなという気がしますねぇ。プルヒッターなので打ち損じが多い感じですからね。ここぞというところで集中力をもっていけないというか、DHの分集中力が続かないというか。

 今日は広い分マッチにアウトローがズバッと決まりました。追い込まれていたとはいえ付いていけそうな感じがあっただけ、今日広くなければ…というところでしたね。本当一球で野球の流れは変わるという象徴的な場面でしたねぇ、イデホの仕留め損ねは。

 糸井が外のカーブ(今年はスライダー?)を流してセカンドフォースアウト。さんざん今日見てきたのにヒットに出来ないというのは流石なのでしょうか?それともランナーなければ内野安打にされてしまうということでしょうか。今の糸井の状態考えるとあのボールで翻弄できますね。だからこそあそこに投げることが多いのでしょうけど。今宮いるとそういう配球ができるので、一人ランナー出しても全く打つ手がなくなるとまでは行かないのでいいですね。

 8回先頭ファーボールでまたランナー進められない…。あのさぁ…、これ仮想CSなんじゃないの?長谷川はちょっと無理そうですね、代打でも。サトタツのボールがキレてるということかもしれませんけど。今は代打で行けるかというテストでしょうけど、この状態が続くならCSは二軍から守備・走塁、特にランナー優先で活きのいいのをあげましょう。福田が怪我していなければ、福田だったんですけどねぇ。

【力負け、継投負け、最後にクロスゲームを拾うという厳しいカード】

9/19 西武ドーム 牧田VS中田 6-3で負け

 今日勝てばM点灯。何回目でしたっけか?栗山出て送ってゲッツー。この前も西武は初回送ってこんなんじゃなかったでしたっけ?牧田とはいえ今年ウチは牧田を苦にしていないのにこの作戦はどうなんでしょうか?まあいま打線の状況が良くないので点取られても2~3点までだろうという計算は立ちますけどね。

 2回ツーアウトからギータ・マッチの連打秋山のエラーで三塁まで進んだ所でエラーが絡んだ分、どうしても一点取りたかったですね。エラーは絶対付け込まないといけない。鶴岡がこういう時打ってくれると鶴岡もありだなとチーム内競争が盛り上がってチームが良くなるんですが。牧田が絶妙なコントロールを見せましたね。広くないっすかねぇ?まあしかたないですね。

 森と秋山に連続ツーベースで一点失います。エラー直後の取り返し、あっこれやばいという展開ですね。今日は森にやられた日になりましたが、高卒1年目の打撃じゃないですね。4回、四球&暴投の乱れで森に3ランでトドメ、5-0。打球の上がらないギータが14号HR。オールスター明けは30行くか行かないかくらいまで打ってくれると思いましたが、本当打球上がらないんですよねぇ。ギータ。

 6回内川タイムリーで5-2、牧田キラーデホが今日はまるで駄目。3タコでここで勝負ありですかね。満塁で牧田を打てないマッチが料理されてここでゲームが決まった感じですね。

 あとは牧原の振り逃げ盗塁失敗、ギータの刺殺、ハッセの代打タイムリーくらいですかね?まあ見れてないのでこれくらいしか触れることありませんが、牧原が走れるとまた選択肢が増えるので大きいんですが…。二軍の帝王もまだまだ一軍の経験を積む段階ですから、来年もっと出場機会を与えて欲しいですね。ハッセは代打でまるで使えない、それくらい状態悪いと見ていましたから、良い結果出てさあどうなるか?というところ。

 なんかここのところビッグイニングを作られるというのと、最後にダメ押し点を捕られるという展開が多いような…。

9/20 岡本VS飯田 6-5負け

 この試合かな?解説の人が、ギータは外の落ちる球に弱いとかなんとか行ってたような。まあ内でも中でも、基本くるーんになるので、落ちる球は基本打てない、見極められないのでしょう。

 でギータ1番、明石2番ですか。昨日HR打って4番ですか…。まあ相手に威圧感を与えますし、テストとしていいでしょう。今日は四連敗を避けてMを付けたいのでこのタイミングで失敗したらダメージが大きいのでは?という気もしますが大丈夫でしょうか。対岡本この日まで6-2という相性の良さというのがあったのでしょうかね?6打席じゃアレなんで、本人にとって打ちやすいとかタイミングが取りやすいピッチャーだという感覚があってのことならば、まあ納得ですね。

 でそのギータが出て送って内川タイムリー、デホ2ランという形でいきなり0-3。幸先がいいですね。そして次の回で今宮HRで0-4。これはもらったなと言いたいところですが、今宮にHRを打っていいというバッティングをさせるのがね…。売ったら怒らないと。例によってインコースのあの打ち方。あそこしかHR打てないバッターですし、その分のミスショットが100くらいしてますからね…。細川がショートのエラーで出塁してギータがゲッツーというのもあれですね。ランナー入れ替わりで走って~という形にしないといけませんねぇ。4点差で勢いを重視したんでしょうけど負けられない試合、きっちり行くべきだったでしょうね。

 西武にあまり相性良くない飯田だけに、どうなるかはわからない。浅村のツーベースや2回の連続ファーボールなど怖い。立ち上がりをしのいで立ち直ってくれれば…というところ。点差ありますし、6回2失点でまとめてくれるといいなという感じですね。で3回、浅村に一発喰らって、1-4。メヒア・中村に連続ファーボールと長く持たないかなぁ…という展開に。

 4回吉村歩いて、盗塁死とありますが、なんでしょうか?エンドランのサイン見落としとか?あとはボールこぼしたのを狙っていったものの刺されたとかでしょうか?西武は早くも4回で岩尾にスイッチ。で4回明石のタイムリーエラーと…。明石ェ…、金子を(ry。だんだんダイヤのAのアレ(部長?)みたいになってきましたね。金子を!金子を使いましょう!状態です。

 で、5回78球で岩嵜にスイッチ。うーん。そりゃ数字見るだけでもう飯田が良くないというのはわかりますが、5回でですか。苦手浅村のところからですし、クリーンナップなのでまあわかりますけどね。西武キラー岩嵜ですし。6回デホ吉村マッチの三連打から晃の犠牲フライで1点、2-5。これで行ける!という感じもありますが、実際は敗れます。もし勝負をかけるのならば、5回でサッと代えるという勝負に出たので、ここでもデホ代走送っとくべきだったでしょうね。例による渋滞ですから。まあ見てないのでデホじゃなくても還ってこれなかったかどうかはわかりませんけどね。

 ロングリリーフとして岩嵜が投げてくれれば一番良かったのでしょうけど、この回岩嵜は突如?乱れたようですね。あるかしの山川にHR。打たれた球はこれ以上ないくらい見事な失投でしたね。状態の悪さからすると、無理に勝負よりも歩かせるそして投手交代という判断でいくべきでしたね。結果論ですけども。勝負をかけるという決断をしている以上、あれ?おかしいなとなったら、どんどん継投つぎこんで行くべきだったでしょう。確か前も岩嵜はイニング跨ぎで失敗していましたしね。岩嵜が2か3イニング必ず抑えてくれる!という甘い見通しが招いた事態でしたね。

 7回、今度はきっちりランナー入れ替わりでギータが残ったのですが内川ツーベースで本塁憤死…。うーん、相手が上手かったですねぇ。で継投失敗のつけは森にいくと。追いつかれて5-5。

 8回、デホファーボールで代走高田、吉村バント。ここでマッチがファールフライですか次の晃につなぐため歩いて出るか、進塁打欲しかったですね…。デホを歩かせてるだけに尚更。で晃勝負を避けて今宮勝負、HRを打ってるのに敬遠されて勝負されると。

 8回からサファテはヒヤヒヤものでしたね。それでも抑えるのですから大したものです。で9回、ギータデッドボールから送り・敬遠で代打長谷川。ここでもまたヒットで。ハッセCSで行けるか!?というところですね。しかし内川のオーバーラン…。ギータが先ほど刺されて慎重になってること、なによりレフトの位置が浅かったことを考えてもそんな無理をする場面ではない。なんでオーバーしちゃったのか…。前のランナー見とかないと。今度は走塁ミスですか、ミスのオンパレードですなぁ。

 で10回五十嵐でサヨナラ三連打でワンナウトも取れずに終わりましたね。サファテから行かせたように相当状態悪かったんでしょうね。この前も西武戦で打たれましたし。困りましたねぇ。

9/21 野上VSスタン 1-3で勝ち

 先制、中押し、ダメ押しというほどではありませんがコンスタントに点を捕って勝ちました。スタンが見事にゲームを作ってくれましたね。それが全てですかね。このゲームは勝ちパターンもきっちり抑えましたしね。吉村のHRもいいですね。今シーズン15本くらい打ってるイメージですが、5本だけなんですね。フルとは行かずとももっと早い時期から固定していたらどうだったんでしょうか?得点圏でHRなし、.370という数字を見るとランナー返す意識が強いんでしょうかね。大きいのも結構見ましたけども。

 5回晃がワンナウト3塁の状況を作れなかったくらいでしょうか?問題点は。チャンスで今宮が送れなかったのもそうですが。まあこのゲームはそんな書くこともないのでもういいや。

 4連敗を挟みましたが勝ってホームで胴上げ狙って行きたいところですね。最後にいい流れで勝っただけに。これでミスがなければ最高だったのですが。

 ホークスは残り試合ホームが殆ど。しかしオリは僅か4試合。しかも日程が過密。オリが追いつくのは厳しいと。まあ、そう見るのが当然でしょうね。楽天戦で2つ勝って、オリが5分くらいで行くとして、まあ直接対決前にオリが負けて優勝が決まるんじゃないかな?と見てました。そしたらまさかの直接対決というね…。