読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別館、身体論・武術・スポーツのお部屋

身体論・武術・スポーツ関係を分割してこちらで独立して書いてます 野球評論は辛辣に書いてますので苦手な方はご注意下さい

身体の話(2016/03?) アーシング

身体の話(2015/10) 軸タンブリング 以来、身体の話書いてないのかな?これも随分前の話なんですけど書いてなかったので、これを単独で書いとこうと思いました。これ3月か4月か5月頃の話だったか、どうだったか忘れていますが、未だに気に入っているのでまあ単独で書いておくのもいいでしょう。いろいろ身体の気付きの話はまとまりがないのでね、単独で。

 

 アーシングというものをご存知でしょうか?多分知らないと思います、その名前を聞いた時「?」になりましたから。

 

母なる大地との健やかコミュニケーション<健康><美容><安眠><癒し>アーシングBOOK101

母なる大地との健やかコミュニケーション<健康><美容><安眠><癒し>アーシングBOOK101

 
不調を癒す《地球大地の未解明》パワー アーシング すべての人が知っておくべき重大な医学的真実!

不調を癒す《地球大地の未解明》パワー アーシング すべての人が知っておくべき重大な医学的真実!

 

  こんな本あるんですね。なんかスピリチュアル系の感じがして、大丈夫かこれ?という気もしますが、まあそれはそれとして、なんかの健康雑誌をチラ見した中で載ってたんですよね。アーシング

 大地に裸足で立つことで、身体に溜まった磁気とかをリセットするとか、まあそんな話なんですけど、正直嘘くさいなぁと思ったんですが、タダなので試すだけ試してみました。するとこれがなかなか良い。全身の繋がりが整う。流れが良くなるんですね、これ。

 一日30分とかありましたが、まあそんなにやってる時間ないのでもっと短いですけど、15分くらい?それでも効果ありますね。立つというか歩いてますけど。登山家の三浦さんも本ちらっと見たら、裸足で歩くのが良いって書いていました。思ったよりも世間に浸透しているのかな?

 

 いずれにせよ、裸足で歩くことは体のバランスを整えることに良いというのは知っていて損はないかと思います。そういや昔、裸足で砂浜ランニングするとかそんな本が流行ったような記憶がありますね。靴だと足を閉じ込める結果になって、本来の足の柔軟性が死ぬ。それを開放して大地に直接つけることで複雑に使う事で機能を回復するとかなんとか。

 以前ランニングでアスファルトは足を痛めるから土の上で走りたいという話をしましたが、土がろくになくて出来ない。歩くのは何をか言わんや。まあちょっと歩くだけならなんとかなりますが、最適な場所がないので大変ですね。いい年こいて裸足でウロウロしたら通報モノですからね。

 そんなことを考えると、海が近くにあるのは良いですよね。砂浜を裸足ランニングは当たり前の絵ですからね。山でも良いんでしょうけど、山は虫とかいろいろ障害が大きいですからね。いつもの森でやったら地面が石とかで痛かった…。

 農家は裸足で田植えをしていた時代があったので、「男」という感じは「田んぼで力仕事をする人、そこで力を入れる人」なんて解釈をされていると思いますが、「田んぼから力をもらう」という意味合いかもしれませんね。昔の人は田植で泥水に足を突っ込んでそこからエネルギーを貰う感じでいたんじゃないですかね。

 まあいつもの自然の中にいないと、身体が歪む。エネルギーが無くなる、心も荒んでいくという話になりますね。本当アスファルトハコモノ邪魔ですよね。

 まず足、そして腰に行くまでの重心・捉え方が変わりますよね。沈む感じというか、沈めば浮くので浮くとも言えますが。まあバランス機能が回復するんでしょう。やっぱ胸のあたりでその通る感じが消えちゃうんですよね。胸から頭の上にスッと抜けていってくれない。このスッと伸びるように通ると軸ができたといえるんでしょうけど、いつになったら出来ることやら。浮く・倒れる・吊られる。これをいっぺんに意識してやるといい感じでしょうか。一回かなりいい感じがあったんですけどね。