別館、身体論・武術・スポーツのお部屋

身体論・武術・スポーツ関係を分割してこちらで独立して書いてます 野球評論は辛辣に書いてますので苦手な方はご注意下さい

山田殺し:素晴らしかった細川のリード

 日本シリーズの観戦記を書くよりも単独で書いておきたかった細川のリードの話をようやく書きたいと思います。

 ホームゲームで二戦連勝したことでシリーズの行方はほぼ決まりました。しかし、相手のホーム、神宮に帰って中心打者である山田がHRを三発打ったことで「もしかしたら…」というムードが漂いました。まあ、日本シリーズの1・2戦の流れからすると神宮で三連勝が絶対条件という感じだったので、そこまで深刻になる必要はなかったんですけどね。

 いずれにせよ、この試合の細川のリードで当たっている(?)山田を完全に殺したリードが日本シリーズを完全に決めることになったのは間違いないでしょう。もしこの試合落としていても、ホークス勝ったと思いますけどね。それくらいヤクルトは先発がダメで、打線が打てませんでしたから。

 細川は1回の山田の打席の前に、川端に対してインハイを2~3球要求して、徹底してインコースを攻めることで、その次の打席の山田に「あ、細川さんはインコースをついてくるな」という印象を与えていました。

 結果的にツーアウトでランナー無しという状況で山田を迎えたわけですが、これが川端を出してワンナウトランナー1もしくは2塁だったらどうなったのか?それも興味深いところですが、いずれにせよ、山田に対してそういう状況で相まみえる事になりました。

 カーブとシンカー主体で、まっすぐは3球目の一球のみ。これで山田に対して、「自分に対してはまっすぐで勝負しない、まともにはこない」という印象を与えました。外にカーブ・シンカー、インローまっすぐ、外高めカーブ、真ん中高めに抜けたカーブ。最後はアウトローへストライクからボールになるシンカーで四球でした。

 また、地味に牽制を繰り返して山田にスタートを切らせず、最終的にチェックスイングでの空振り三振でも結構際どいタイミングでの山田の盗塁成功というのも大きかったと思います。細川のリードが良いのは向こうも百も承知。しかし、肩()腰とか膝かも?を痛めているからこその、スタメンで使われない状況にあることを知っているため、フリーパス状態なら多少強引でも仕掛けろということで事前にミーティングされているはず。それが、もうちょっとのタイミングでアウトになりそうという送球を投げたので、「これで無条件にスタートして良いのか?」とヤクルトベンチは迷ったはず。初回のこの送球がかなり大きかったと個人的に見ていますね。

 二打席目、細川の術中はここから。初球のシンカー見せて、やっぱりまともに来ないと思わせてからの四球連続真っ直ぐで見逃し三振。際どいところをついたり、変化球で交わすのではなく、一転しての力勝負。これでは山田もどうしようもない。古田さんはシンカーがあるから、低めの真っ直ぐに手が出ない。シンカーの意識づけをさせてからの、まっすぐで見逃し三振という素晴らしい配球とほめていましたね。

 VTR見るとやっぱり最後のまっすぐは少し低い。これも細川のキャッチングの巧さでゾーン広くしているんですね。そして、あとからインタビューで、交流戦の時の印象で、山田はシンカーをさばくのが上手い。ファールにしたり、ボールになるのを見逃したりシンカーでは仕留められないという印象がその時既にあったと細川が言ってました。勝負は既にその時始まっていて、最高の場面で生かされたわけですね。

 三打席目、また一転して変化球攻め。カーブ・カーブ・シンカー(顔面ヒット)、結局最後はまた真っ直ぐでアウトローズバー。もうこの時点で何が来るのか山田は完全に疑心暗鬼だったでしょう。その前の川端がインハイでボールコールされて歩かされましたが、アレは入ってましたね。ちゃんととってもらえていたら、まっすぐで主軸・中心打者を三連続見逃し三振でしたね。素晴らしかった。

 ピンチになって、森にスイッチしても、力押し。細川のことだからカーブを使ってくると思ったのに、一球もカーブを要求しないので「なんでだろ?」と思ってたら、山田の打席でようやくカーブを要求。完全に山田一人をターゲットにした細川の配球でしたね。

 相手の希望となった最高のバッターを徹底的にマークして、疑心暗鬼にさせて自分のバッティングをさせなかった。山田一人を殺すための配球・試合運びをして、それがまんまとハマった時点で、次の試合の結果も見えたも同然になりました。

 相手の残された僅かな希望を完全に潰す素晴らしい配球でしたね。言うまでもなくそれは、要求に応えられる摂津の投球術あってのこと。衰えたとはいえ苦しい時に、大事なときに最高の投球ができるのがエース。流石摂津でしたね。摂津は日本シリーズで必ず活躍しますね。

 見どころの少ない日本シリーズで数少ない、満足する試合となりました。