読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別館、身体論・武術・スポーツのお部屋

身体論・武術・スポーツ関係を分割してこちらで独立して書いてます 野球評論は辛辣に書いてますので苦手な方はご注意下さい

八月のホークス第三週

【9連勝でストップするも勝ち越して首位攻防戦に】

8/12大分かな?スタンVS辛島

 5月くらいでしたか?辛島にいい抑え方されてちょっと嫌な印象があります。あれ?塩見だったかな?どうだったか?塩見にいい投球されて、辛島はいいピッチングしてたのになぜか勝ったんだったかどうだったか?まあ忘れましたが(適当)、地方に強いスタンで最下位との対決で少しでも連勝を伸ばしておきたい所。

 2回デホヒットで、ギータがフルカンでランナースタート。ランナーデホなんで内野ゴロでもランナー進めておきたいというのはわかりますけど、いくらミートギータ、略してミータになったとはいえ、フルカンで止まらないですよね。しかもギータといえばあのハーフスイングが止まらないことに定評のあるバッターですから。フルカンだからスタートよりも、最初からランナー進めるバッティングさせたほうがいいと思います。デホのランナーとしての能力の至らなさはもう割り切らないと。むしろ前から言ってるように割りきってギータにゴロ打たせてランナー入れ替えさせてそこから1点狙うべきでしょう。その後ハッセがヒット打ってましたが、デホ渋滞で絶対点入りませんからね。

 で、ハッセは一塁で金子が打席の時パスボールで二塁に行けるところを行かず。角度的に見るのが難しいとしても、あれは一塁コーチャーが後ろでGo!と言ってあげないといけない。やはりハッセの走塁意識は今年低いと言わざるをえない。キャンプでガンガン走ってたのはどこ行ったんですかね?一時期状態落としていたのとあってどこか痛めているとか?

 今日のスタンはいいですね。3回制球乱してあるかしたのですが、次は二球目高い球でしたが、ゲッツーに取りました。これで、よし!というところ。多分ツーシーム系の動かすボールですね。この動かすボールで引っ掛けさせてアウトを取るのがいいですね。4回AJにタイムリー打たれましたが、カーブ・スライダー(カット)・ツーシームアウトローまっすぐとカウント作れましたからね。そりゃ毎回ズバズバ決まるわけではありませんでしたか。かなりいい確率でストライクを取れていたと思います。4回ラスト銀次をフルカンから真ん中目にスライダーは頭になかったですね。これだけ色々決まると絞りきれなかったのでしょう。甘く行ったのに空振り三振でした。

 藤田低めを拾うのうまくなりましたねぇ、見事ですね。

 うーん、金子を三振にとったタイミング外すチェンジアップいいですなぁ。あ、楽天五連敗してるんですか、ハムといい調子が落ちているチームと当たれるというのがツキがある、流れがきているということなんですかね。9連勝もウチがメチャメチャ強い!という勝ち方ではなかったですし、めぐり合わせがいいですね。

 ここの所金子のいぶし銀の活躍が光りますが、5回バウンドが少し変わって逆を突かれたのに上手く処理しましたね。

 6回、辛島というか左Pの外のシュート回転して入ってくるようなボールを得意とする右バッターはペーニャなんかいますが、まあデホもそのたぐい。んで見事に捉えてツーベースかと思ったらレフトが処理もたついている間に三塁行ってアウト…。うーん、何だこの…、もうコメントするのもめんどくさい…。

 そんな嫌な流れでツーアウトからファーボール・ヒット、そして金子のネバネバで外のボールを合わせる感じで引っ張るとタイムリーツーベースで一気に逆転。あちらさんからするとさすが首位、7連勝してるチームだなぁというところでしょうか。

 しかしこの金子という繋ぎが出来るバッターを使ってこなかったんですけどね…。まあ二軍で打ってなかったんですが、普通打撃で安定しない二遊間をスタメンはずさなくても、代打で守備固めのために金子のような二遊間守れる選手を上げといて、本多・今宮が良くない時にはたまにスタメンで試すような選手なんですけどね、本来金子は…。なんかベイス時代の藤田みたいになってるかもしれませんね、金子。まあ体格のこともあって、一年安定するか?と言われると怪しいのですけどね。まあ少なくともここまでチャンスが与えられない選手ではないですよね。ウチはほんと控えにチャンス与えないですからね。

 辛島は5回までという印象が強いPですが、やはり5・6回は鬼門なのでしょうかね。まあ今日の辛島は7回2失点と見事な内容だったと思いますが。嶋もネコさんのとき、間をとってひと声かけたりしてたんですけどね、ダメでしたね。

 6か7回か忘れましたが、川島のセーフティーに晃のライナーを上手く処理したり守備の上手さがありましたね、辛島。川島のセーフティーは紙一重だったのでああいうことが出来るバッターはうちには少ないのでいいですね。さすが元ヤク&ハム。

 8回のチャンスでの左ネコさんはダメでしたが、スイッチヒッターとかそこら辺考えるとやはり金子の使い方次第ということですかね。どっちでも粘れそうですが、左右で好きな球とか違うでしょうからそこら辺がどうかですね。

 9回サファテ、ランナー二人出すものの抑えました。ギータの追い方たまに、?というのがありますね、やっぱり。地方で慣れないということもあったんでしょうけど。高めのつり球が少し下に落ちて結果フライでしたけど、あれやっぱり怖いですね。もっと高め要求にするか使わない方がいいのでは?

8・13 ヤフドでまた飯田VS松井

 左のアウトローがズバッと決まった飯田。二球で追い込んでから7球なげてファーボール。何球か真ん中高めに明らかなボール球になってしまう、浮いてしまうんですよね。飯田。粘られた結果ではなく、投げミスでファーボールというのは痛いところ。まあでも真っ直ぐが走ってたのでガンガン攻めていって欲しい所ですね。

 直後の一回裏、中村が久しぶりのヒットで今宮がバスター。バスターはいい案ですが、失敗。ツーボールノーストライクのカウントで仕掛ける事ができるカウントになったのでサインが変わったんでしょうね。しかしそれはないわというぽp。バスター練習してないのでしょうか?バントはうまいですが器用なことは今宮難しいのか…。最近増えたバスターですが、選手が期待に応えられないと…。天敵内川が歩いてチャンスを広げましたが、あとが続きませんでした。

 しかし、一塁塁審同時セーフの判定を今日二回間違えてますねぇ…。ちょっとひどいですね。

 編集ミスで一度書いたのがここ消えました、何書いたか忘れちゃいましたが、少しだけ。5回金子のセーフティーからの四球を取ったのいいですね。チャンスでフルカンまで粘った晃は高めのチェンジアップ、浮いた球を空振り。まっすぐだったなら捉えられたんでしょうが、ブレーキかかって逆にタイミングずらされちゃいましたね。緩急もさることながら、あのスライダーがあるから左バッターは踏み込めないんでしょうかね。顔の近くに来た軌道から、そこから曲がって真ん中くらいに生きますからねぇ。インコース見せなくても相手に意識させられるとかもう最強のボールですね。

 6回これまであまり長い会を投げていない飯田が6回のマウンドに。勝ちにこだわるならピンチでさっと交代するべきところですが、ここは飯田にチャンスをあげましたね。まあですから今日の負けはいいでしょう。ボークに足がつるという展開でも我慢強く経験を積ませた判断はいいと思います。しかし松井稼頭央は飯田に全くあいませんね。左の先発他にいれば、ゲラとか、飯田を後ろに回してもいいかもと思うんですけどね。森福が松井にボコボコですし。

 ランナー三塁ケアとは言っても細川の支持を信じて三塁は無視して一塁投げちゃってもいいと思いましたけどね。まあ仕方ないところでしょうか。3点入った所で柳瀬にスイッチ。柳瀬いいですね。その後はきっちり抑えました。

 点が入った直後の6回裏。今宮・内川・デホとしっかり抑えて勝ちを近づけました。今宮も内川も外のボールのまっすぐに手を出して三振…。指示ゆえなのか、それともスライダーやチェンジアップなどに目が向いていて高めのゾーンも広く使われているということなんでしょうか?うーん。

 嘉弥真に代わって0-5。金子が打球処理誤りましたね。バックホームを意識しすぎたのでしょうか?岡島うまーく拾いましたねぇ。テニス打ち。ここでゲームが決まったという感じがしました。

 が7回裏、今度は松井の限界が来た感じ。甘く行くし、変化球が曲がらない・落ちない感じになりました。金子は進塁打と最低限の事をしようとする姿勢を個人的には評価しています。で、鶴岡・川島のタイムリーで2-5。これでまた雲行きが怪しくなりました。松井に経験を積ませようということなんでしょうけど、限界見えていてまあ、よく投げさせますよね。晃はゲッツーになってしまいましたが、それはいいとして、なぜあの甘い球を?今見たらそれほど甘くない。逆球ってとこですかね。まっすぐ待ってて引っ掛けちゃった感じですかね。球威の落ちた球を仕留められない。それほど前半の松井のボールがキレてその印象があったということでしょうかね、仕方ないか。

 川島のゲッツー崩しとかああいうのがいいですね。個人的には評価してますが、そこまで打てていませんし、金子いるので吉村と入れ替わりになりそうですね。

 8回デホツーベース、ギータあるかしでハッセがツーベースで4-5と一点差に追い上げる展開になりましたが、なぜ代走を出さなかったのでしょうか?よんたまを取る可能性が高いのでも、9回に取っておくと効果的な一発を打つという勝負強さがあるわけでもないデホをいつもいつも最後の一打席上げすぎです。ランナーとしての能力を考えても、代えないと。ハッセがツーベース打ったので救われましたが、単打だったらまた満塁でゲッツー取られやすい形になってたのですから、あそこはkdkrでしょう。

 一点差に詰め寄るも金子は粘っておしまい。連日のヒーローというわけにはいきませんでした。楽天のサブちゃんも疲れが出てきているのでしょうね。しかし逆転は許しませんでした。金子に対して代打云々はもういつも言ってるので省略で。

 一点差に詰め寄った9回森福がダメ。バント処理をフィルダースチョイス、握り損ねなければ三塁アウトに出来たのですが…。迷ったら投げるなの鉄則を守れませんでしたね。岡島がゲッツー崩しでエラーを誘いましたが、金子に手をかけたような形になりましたが、あれ守備妨害じゃないかとPRして欲しいとこですね。

 まあ三点差なのでどうでもいいですが、ファルケンボールがシュート回転してますね。それほど良くない。球が速いとはいえもうちょっと苦しめて欲しかったですね。

8/14 岩嵜VS塩見

 結構良い球を投げているのにダメな岩嵜、というかそこそこ平凡な出来で終わってしまうというか。個人的には評価しているだけに早く将来のエースと言われるようになって欲しい所。で、さい先悪く松井稼頭央にツーベース。若菜さん曰く、変化球を投げるときに腕が少し緩むとのこと。腕のふりがいい、変化球と真っ直ぐで腕のふりが変わらないというのがいいピッチャーの条件に挙げられますが、ちょうどその逆になってしまっているのでしょうか、岩嵜は。見事に追い込んでからのスライダーか?少しゆるく曲がる球が、いい感じで落ちていったのに捉えられてしまったのはそういう所にあるのでしょう。しかしこのチャンスをバント失敗、松井が当たりを見誤って飛び出してアウトとラッキーな形に終わりました。

 中村が2日続いて先頭ヒット。ちょっとは状態が変わってきたのでしょうか?今宮バント失敗で、後も続きませんでした。小関はバントの守備で今宮を押しのけないといけないとのこと。フライ処理でセカンド送球もそれましたしね。小関どうなんだろというとこですね。内川が真ん中気味の甘い球をミスショット。広角に打つ人は内・外の際どい球を上手くさばけても、真ん中来た球をセンター返しというのはそんなに出来ない。どっちに打っていいかわからない。内川は真ん中で攻めたほうがいいかもですね。古田がど真ん中でみのさんを取っていたような、見事な配球をした場合、内川はやられるのかもしれませんね。

 岩崎のテンポについて若菜さんがコメントしていました。間合いが長い。先発でロングを投げようという意識がある故なのか?もっとガンガン投げていいと思うんですけどね。バテてしまっていいからどんどん自分のボールを投げ込んでいけという方が良いんじゃないでしょうか?何試合かそういう経験を積ませるために、コーチが指示して、今日は5・6回でいいからテンポを課題に―とかにすべきではないでしょうか?

 追い込むまでは良い、カウントは取れる。2ストライクまでは相手は強振してくれる。追い込んでからミートになるので、その時いかに空振りを取るかが課題と。かづおに打たれましたが、やっぱり鶴岡という感じですね。最初にフォークを打たれているのでまっすぐを狙ってくる。アウトローを連続で要求しましたが、浮いてその次は真ん中高めのボールゾーンでHRピンチで同じ球種・同じコースを要求したこと、そして一球アウトロー投げさせて相手のまっすぐ待ちの感じを読めない。インコースへなげて見せてよかったのでは?と若菜さんがおっしゃってましたが、カーブの次はインサイドワークでしょうかねぇ、やはり。インコース意識させるのがうまくない印象ありますよね。

 AJにHR打たれますが、一打席目とおんなじ打ち方でHRされてますね。基本的に外待ってるバッターですから、外は危険なんですよね、AJ。一打席目にもインローが一球あっただけで、体を起こすボールがない。どうしてAJのような外に踏み込んでくるバッターに体を起こすボールがなかったのでしょうか?外要求してHR2発というのは、失投投げた岩崎の問題であるんですけど、キャッチャーの問題も大きいでしょうね。まあ、岩崎に鶴岡組ませる時点でこうなることは覚悟なんでしょうけどね。ほんと、右打者への外スラ好きですね、鶴岡。

 せっかくスクイズで1点返して1-2という試合の流れを相手に渡さない展開だったのに、また相手に流れが行っちゃいますね。

 そういえば、監督がやよいのうっうーみたいな乙女ポーズしてましたが、なんでしょうかね、あれ(笑)。

 塩見はスローカーブ使ったり、余裕が出てきましたねぇ。いい球を投げているというより、甘くなったり外れるボールについ、打てる!という感じになって手が出てしまい打ちそこなっている感じ。甘くてもこのコースは捨てるというのをつくって対処しないと仕留め損ねてズルズルいってしまうという感じでしょうか。若菜さん曰くキャッチャーの要求というより、自分でゆるい球投げてるとのこと。

 吉村の感じ、怪我明けまた冷凍してしまうかと恐れていましたが、きっちり振り切れている。自分のスイングができているので、冷凍に戻ることはもうないでしょうね。9回大事なとこでツーベース打ちましたし。これならデホ外していいですね。デホはようやくHR打ちましたけどね。8月、9月この大事なときにどれだけHR打てるかが一つのポイントですが、この調子で今までのマイナス分を取り返すような働きができると思えませんけどね。

 7回かな?鶴岡をそのまま打席行かせるのもいいのですが、森を使ってこの試合勝つぞ!という姿勢を見せるなら、鶴岡に代打送るべきではないでしょうか?細川の状態が悪くて今日は無理、もしくは完全休養ということだったからでしょうかねぇ?

 9回満塁で今宮いい当たりだったんですがね、岩崎達の守備はうまいですねぇ。最近あまりみない、二人歩かせての満塁策でしたが当たりましたね。今日内川あたりが良くなかったですしね。

 ギータのヒロインは毎回心配になりますね(笑)。おじさんが言ったから打てたとか。しかし、ギータのスイングは状態おもいっきりつっこんだり、打つ瞬間そっくり返ったり、軸がぶれてるというところでしょうか?なんか脇が開いてるのかわかりませんが、連動が怪しいですねぇ。それでも打てちゃうんですから、ホント化けもんですね。

 大事な首位攻防戦の前でしっかり勝ち越したのはOK。しかし勝ちパターン使ってしまったのがねぇ。三枚温存しときたかったですよね。打線がそういう展開にできなかったのが…。まあ、摂津なのでロング投げて試合を作ってくれるという事もあって負けるよりはということでしょうか。

【魔境京セラで3タテを防ぐ!】

8/15 京セラ金子VS摂津

 まあ、初回が全て、アクシデント降板でスクランブルはキツイですね。金子なら言うも更なり。つか細川センター前送球はアカンでしょ…。ああいう横手投げになったらもう投げるの止めないと…。まあ、初回で2~3点はやむなしというスクランブルですから、結果犠牲フライでワンナウト取れた方がマシだったんですかねぇ…。

 もう金子が良かった。どうしようもないですね。後続がゼロに抑えられるという保証があるわけでもないですし。もし金が3回ピシャっととかなら話は変わったでしょうけど。内川だけが金子を打ちました。元々相性が良いのですが、その内川の前にいかにランナーを出すか。対金子ように打線を組み替えるようなことくらいはしても良かった気がしますね。まあそういう打順を相手の状況によっていじるとかやらないんですけども。ずーっと固定ですからね。

 江尻どうでしょうか?試合展開もあってそんな早いうちから出るとは思ってないですし、二番手とはいえ早い段階で投げることそんなにないですから、難しかったというのはあるでしょうけどね。年齢から行ってその次くらいに結果出さないとクビ来られるかもですね、ウチの中継ぎ層厚いですし。

 日高が初登板。うーんどうですかね?明石のエラーにボークという形で失点。使えるかどうか微妙な所、来年どうなるかまで見てるでしょうけどね、まあ九州枠ですし。首が動いたということですか、見てもよくわからない、ああいうのを細かく取るのはどうでしょう?

 つか変化球多いなぁ、あの独特の落ち方・曲がりをする球は一体何なのでしょうか?カーブ?スライダー?森福・嘉弥真の状態が悪ければ、今岡島もいないですし、左枠としてちょいちょい一軍で機会ありそうなんですけどねぇ。ねこまねき投法に近いんですかね?まあエラーとか変なことがありましたので、もう一回見てってところですかね。吉村守備は松田に劣るでしょうが、肩強いですね。場合によってはサード吉村も全然ありですね。

8/16 西VS中田

 初回幸先良く先制するもすぐに追いつかれてしまいました。またしても中村のヒットに、バントで内川がライト前タイムリー。追いタッチになってタッチしたかどうか微妙な所。まあアウトでもセーフでもどっちでもというとこでしょうか?カメラの位置からではかすったかどうか微妙なのでわかりませんでしたが。審判の位置が悪いとしても、まああの角度を見るためにポジション取りませんからあの位置はしょうがないでしょう。あっちに回りこんで大事なホームベースのタッチしてるかしてないかを見過ごすわけにはいきませんからね。

 しかしデホのゲッツーですが、あれはセカンドもファーストもセーフでしょう。ちょっとひどいですね。そしてそのまま裏の回でもセカンド先に足が入ったのにアウト…。

 中田の右打者への外スラはいつものですが、今日は左打者に外チェンジアップでしょうか?それが決まってたのでいけると思いましたが…。最後のヘルマンへの外スラも見事でしたしね。ペーニャが足を痛そうにしていたので、ランナーが帰ってくることをそんなに警戒しなくて良くなったのも大きいでしょうか。Tにインハイ要求が甘くはいったのを打たれたのがもったいないですね。糸井もあれ?ヒットか?というあたりでしたし。

 ギータ/ハッセがポンポンと簡単にアウトになって、吉村が7球でファーボール。やはりいいですね、吉村。そのあとの細川が粘れないのはいつものことですが。

 解説の人がバットの色を黒にすると、角度が違って見えるのでハーフスイングをほんの僅かだけどジャッジされにくいという話をしていましたが、そんなことあるんですかね?

 2回、双方ナイスピッチですね。西のいつものインコースバッターの身体ギリギリ、でアウトローズバーでした。あんなの見せられたら外遠く見えて手出せませんね。

 糸井やっぱりよくないんでしょうね。デホがゆるい外のカーブを流してツーベース。前も西のときにああいう打ち方がありましたが、外のカーブだからああいう打ち方できるような気がしますね。基本外を引っ張るバッターですし。内側にあのボールを見せられたら、対応できないのではないでしょうか?Tのエラーに、ハッセにデッドボールで勝負どころ。吉村は犠牲フライを打てるバッターですが、ランナーデホで止めました。むしろ送球が良かったので普通にスタートしてたらアウトなのでよかったかもしれません。

 細川が甘い球を仕留め損なったので、ああ~ここで切れちゃうかな?と思いましたがもう一球甘くはいったのをレフト前。明石もシュートが曲がりきらなかったのをタイムリー。これで1-4。やはり西も疲れが溜まっていて、踏ん張りが効かない。キレが落ちてるのでしょうね。

 4回暴れ馬中田が来てしまいました。連続ファーボールで川端にバントさせて最小失点狙いのほうがいいと思いました。川端がバット短く持って粘るとなかなかアウト取れませんからね。外のスライダーも落ちる球もカット。投げる球なくなってインハイがデッドボールに。最少失点で切り抜けたのはさすがですが、さあ、これからどうなるか雲行きが怪しくなってきました。これでスコアは2-4。

 5回中田は復調せず。前回はパーフェクトに近いピッチングだった。カウントを必ず戻してきた。二球間違えてもその次は絶対間違えなかったあの姿はどこへ行ったのか…。しかし糸井よくないのにHR。外の浮いた球を流して打ったというより差し込まれたのが行ったという感じですからね。その次の森福もヒット打つまでは泳がされていた。カットしまくって、相手が投げる球なくなったという感じでなかった。スライダー投げとけばいつか打ち取れるという状態だったのですが…。うーん、これが京セラのちからなのでしょうかねぇ。不思議な力・ツキがありますね。

 柳瀬は川端に右打ちやられました。相手の右打ちを読んでのインローいいところに投げたのですが、それでも持ってかれちゃいましたねぇ。ホント川端いいバッターですなぁ。なんで定着できないんでしょうね。守備・走塁に難アリなんでしょうか。柳瀬もそんなに悪くなったんですけどね。これで4-4。そして6回森福が打たれて4-5と負け越します。

 5回途中で中田を代えられないですよね。これが昨日摂津で負けるにしても6回投げ切っていて、後ろの投手を使える状態だったら、今日は絶対勝つんだということで、5回頭からサッと代えられているんでしょうけどね。まあ、森福も嘉弥真もそんなに状態良くないんで難しいところですが。

 西も先ほどヒットを打たれた細川を警戒して投げミスでデッドボール。これで明石に回って7回は1番からというのが勝負のアヤになりました。中村がヒットで状態良くないし西から比嘉へ。ここで追いつかないともう厳しいでしょうね。バントで内川歩いてデホ三振。ここでサトタツにスイッチでギータ。インハイストライク取られて終わりかな?厳しいかな?と思いましたがギータはセンター前タイムリー。これで後ろがハッセじゃなかったら外落として四球でもいいということになるんでしょうが、勝負行かざるをえないでしょうね。5-5面白い勝負になってきましたねぇ、これ。

 で、8回森続投で代打鉄平に打たれるという展開に。最近投げさせすぎですし、2イニングというのはどうか。まあ、同点で延長考えると他に後ろで使える投手もいないですし、こうならざるを得なかったんでしょうけどね。やはり昨日の摂津のアクシデントが響いていますねぇ…。

 まあ、後ろの勝ちパターンの絶対的な投手がポンポン打たれるの見るとそういう時期なんだなぁと実感しますね。こうして京セラ7連敗と。やはり変なツキというかアヤがあるんでしょうなぁ。3連敗さえしなければ良いカードで連敗と明日のゲームが大事になってきましたね。

8/17 吉田VS武田

 オリキラー武田とホークス初先発吉田対決。締まった投手戦で非常に面白いゲームでした。昨日のゲームも点の取り合いで面白いといえば面白い試合ですが、先発がそこそこ良かったのを打ったのではなくて、打たれるべくして打たれたので、そこまで面白いというか勝負の醍醐味を感じれたわけではありませんでした。この試合はその醍醐味がありましたね

 この試合はゾーンが高い。?と思う判定が多かったですね。平野にファーボールですが、アウトロー二回ほど見せといて粘ろうというバッターですから、インハイズドンで攻めても良かったんじゃないかな?と思いましたが最後アウトロー外れて四球。ランナーもいませんでしたし、仮に甘くはいってしまってもせいぜいツーベースですからね。細川特有の続けるということなのか、ここで歩かせても続けることで次の打席に生きてくるということなのでしょうかね??

 吉田は武田と違い、上背があって角度をつけるというタイプではないんですね。いわく摂津のようにリリースが低いところからビュッと球が伸びてくるような感じなのだとか。あの上背を活かせないのはもったいない気がするのですが、他に身体を活かした利点があるということなんですかね?ツーシームを使ってるのか?ところどころシュートするのが気になりましたね。今日は良かったですけど、何試合も続けて安定するような感じに見えませんでしたね。中田だって一試合ごとのPという感じですしね。

 武田は体重増えて以前のヒョロというイメージから普通の人になって頼もしくなりましたね。二軍の映像でちょっとムキムキ過ぎやしないか?急激に増えすぎじゃないか?と心配しましたが、この安定感ならしばらくは安定してみていられそうですね。以前より球持ちが良くなったのか、足をあげる角度が大きくなったからか、投げるまでに微妙に間をずらせるんじゃないでしょうか?今のフォームは。いつもの角度ある真っ直ぐ、アウトローに縦のカーブ。ひざ下にグローブを降ろすフォームから顔辺りで始動する感じになってますね。セットだとまた低くなるみたいですけど。低いというか、より後ろに体重残して後ろからシフトウェートする量が増えるのかな?

 今宮の初球ゲッツーがあれでしたね。いつもならバントのところで打たせた指揮官の意図を理解していないのか…。そういう初球から行けという指示を出したのか…。明石ランナーで中村バッターで動かしたい所で、ツーボールナッシングと動かすカウントで盗塁。エンドランでなく、ランエンドヒットで結果盗塁でいいという状況で、見事に盗塁成功。そして結果晃も歩く。最低でもランナー進めて、内川に回すという状況で、初球ショートゴロですからねぇ。セカンドゴロ・右打ちならともかく、ちょっといただけませんね。こういうときセーフティーとかやって欲しいんですけどねぇ。

 吉村が外一辺倒でアウトになって、次の打席ゲッツー。シュートでつまらされてゲッツーなのでしょうか?ちょっと吉村は吉田に合わない感じですね。次の細川に真ん中にシュートしてきたので狙って投げてるのか、抜けてるのかよくわかんないですね。多分抜けてるんでしょうけど。

 武田のほうが内容がいいんですが、安達・平野が粘ったりで四球出してしまい、苦しんでいる感じがありますね。Tの足が離れたのにアウトというのがあって、今度は今宮の握りそこねがあったとはいえ、一塁アウトのところをセーフジャッジ。一塁塁審おかしい、ちょっとひどいですね。細川が外要求したのがうちに入ってしまって、それも取ってくれない。いくら逆玉とはいえそれはだめでしょう。吉田の外のまっすぐを晃の時、あれ?今日外広いな?というジャッジもあったのに、これじゃ判定偏り過ぎですよ。

 そして6回に入って、今度は吉田が高い球、外の球取ってもらえなくなりました。先ほどのジャッジが影響したのか、ゾーンが狭くなりました、なんですかね?この審判は?それとも球の勢いでコールしていたから、球威が落ちてきたということなのか…。細川が刺してチェンジ、そのすぐ次の回で、明石がまたスチール。明石がうまいのか、なんらかの癖を掴んでいるのか。明石の次のランナーが走ることで確定しそうですね。

 四球・スチール・バント・犠牲フライと一点を取る野球の代名詞のような見事なパターンで1点取りましたね。これで1点を守り切って勝つとか首位攻防戦でグレイトですね。

 この流れをその裏クリーンナップ三凡に仕留めたいところですが、あまり良い所がなかったTが、うまーく転がしてヒット、流れを渡さないこの単打狙いはこっちからすると嫌なとこですね。糸井・ペーニャがあっさりアウトになっただけにね。ヘルマンは武田に全くあいませんね。手のひらで転がされてますね。

 6回吉村、やっぱり無理かな?というところでハッセがスチールで悠々アウト。ハッセの今年の走塁はやはり…。粘っても合いそうにないので走ること自体は間違いではないんですけどね。全然盗めてませんでしたね。癖を知っているというわけでもないんですかね、やっぱり。

 7回、先頭川端ツーベースという大ピンチ。坂口バントで1点を取りに行く作戦ですが、バスターだとデホがキツイから、守備固めでデホのところ誰か入れた方がいいのでは?と思いましたが…デホの野選。フォースプレーならわかりますがタッチプレーでなぜ…。こういう時に攻める守備、守備固めというのももっと選択肢ていいと思うんですよね。そういう選択を見たことがないですからね。

 伊藤が合っていなかったので、代打昨日のヒーロー鉄平。そして全部カーブでアウトと。まるで武田にはあいませんでしたね。平野に対して2球連続抜ける。限界か?という怖い状況でも、やはり生命線のカーブで追い込む。カーブを見せてのインコースの真っ直ぐでゴロアウトに。安達に制球がつかなくなって満塁で糸井。抜けてますね、この回までのはずなので、なんとか抑えて欲しい。もうカーブが決まらなくなってから、まともなボールがなくなっているので打たれるかなと思ったら、糸井が高めのシュートしたボールを打ち損じてくれました。状況考えれば粘って甘い球、高めなどに絞っていいんですが、序盤のカーブ・アウトローがイメージに残ってた結果でしょうかね。武田が仕事しましたね、今日は。

 9回晃が出て、今宮バント。どうも最近の今宮のバントはうまくいかない、状態悪いですねぇ。一試合くらい休ませたい所。正直セカンドでアウトでしたが、何故かファーストに投げました。まあパン山崎は、ああいうフィールディング悪いですからね、鷹の時からバント処理で絶対二塁で刺せなかった捕手でしたからね。キャッチャーがあの打球をファースト指示しちゃダメでしょ。で内川ヒットで、デホデッドボールで満塁。ここで追加点でラクな展開にしたかったですがギータ・ハッセが連続アウト。ハッセは捉えたんですけどねぇ、おしかった。

 変にランナーためての9回心配でしたが、4凡でゲームセット。以前、一つでも勝てばいいというカードで3タテくらいましたが、その再現を防いで一点差ゲームを見事にものにしました、武田に付きますね。そしてまたこういうのに絡んでくる明石と。

 ※プロ野球ニュースで武田褒められていましたね、やはり。ドロップのようなボールでバッターの顔・アゴが上がってしまう。それで打てない。打てるのは引きつける川端くらい。吉田のクイックの悪さ、フォームの大きさが明石の盗塁につながった。セットに入ってからの含み足、じりっとリードを広げていく細かい動きがあったと。吉田はフォークを二種類持っていて左右に投げ分けると。シンカーみたいな奴は狙って投げているんですかねぇ。

 このカードは単純に首位決戦というのではなく、前回吉田が流石ドラ一!という活躍をハムでして、もしかしたらここから金子・西・吉田という先発の柱がしっかりして優勝!という想定があっただけに、同じく鷹の救世主候補の武田とぶつかって武田が投げ勝ったというのは非常に大きいですね。

 そういえば以前の3タテもウルフのアクシデントがあってのことでしたね。魔物が棲む京セラですかねぇ。あ、思い出した。武田はしつこく牽制をしていましたが、吉田はそうじゃなかった。その差が出たのかもしれませんね。

 楽天とオリの三連戦が雨で全部中止の間ホークスは連勝で1.5ゲームキッチリ差をつけました。何もしていないのにゲーム差が開いていくというのは相手からしてものすごいプレッシャーになったでしょうね。もうこれでほぼ決まりですね。まだ直接対決は残っていますけど、オリに追い足は残っていないでしょう。ウチがポカさえしなければ…。

 ―と思っていたら、その後やっぱり案の定ダメなのかという連敗、負け越しが続く展開になります。あらら。