別館、身体論・武術・スポーツのお部屋

身体論・武術・スポーツ関係を分割してこちらで独立して書いてます 野球評論は辛辣に書いてますので苦手な方はご注意下さい

敗戦、優勝候補チームがCS進出すらならず

 エース摂津が三戦続けて結果を出せない。頼みの中継ぎ陣もファルケンが打たれたことでCSという舞台で、短期決戦で一点を守る戦いが出来ないだろうという見通しが立ちました。これでCS行っても無駄、選手が消耗をするだけということがわかりましたのでCS進出がありえなくなったことはむしろ好ましいことでしたね。CSは行くことには意味は無い、勝つ見通しがあるからこそ行く意味がある。まず勝てないだろうというのなら酷使して戦力ダウン、来年にまで今年のツケが響いてしまうのでマイナスでしかありませんから。まあ、まさかファルケンが2試合連続被弾というオチとは思いませんでしたが。

 しかし終盤の戦い方はまさに監督采配のツケが回ってきたというべきでしょう。以前書いたようにWBCがあるから選手を休ませなくてはいけない。投手は一ヶ月くらい休ませないといけないシーズンになる。ところが摂津を開幕から使い、オールスターくらいにちょっと休めたくらいでフル回転。結局大事な終盤にCSのカギを握るエース摂津がボロボロという有り様。CSでもし勝つなら楽天キラーの摂津抜きではありえませんからね。最後のために早いうちに摂津を休ませるべきだった。去年だってかなり状態が悪いと言ってたんですから言うも更なり。摂津は今シーズンほんとうによく投げてくれました。

 ※余計なことですが、マーさんがロングイニングを投げたように、黒田がメジャーの活躍のために打たせて取ることを基本にしているように、摂津もロングイニングを投げる上でゴロを打たせるカットやツーシームのような球を身につけるべきなのでしょうか?手元で鋭く変化する球ですね、あとはSFFとか?摂津のカーブ、抜けるシンカー、落ちるシンカー全て決め球で空振りを取る球。球数を抑える球なり、投球術なり何か身につけられないものでしょうか?まあ、今の状態を維持することが第一なのでこれ以上摂津に何かを要求するのは酷かもしれませんが。

 ファルケンはあれとしても、森福に五十嵐に金に藤岡に岩嵜に千賀に嘉弥真、今シーズン本当にバカバカ中継ぎを投入するシーンが多く。こんなんで大事な終盤持つわけ無いだろとイライラしっぱなしのシーズンでした。完投能力の高いエース級が三人・四人いる時代の継投を今でもやっている。臨機応変という言葉の欠片も見当たらない年でしたね。勝ちたいと焦って、動いて自滅するケースが目立ったシーズンでした。

 摂津が悪いとか、監督の継投ミスとか筋違いなコメを見ましたが、もうそうじゃなくてシーズン通して大事な終盤のために戦力を整える、ペース配分という概念がなかったからこういうことになるわけです。誰を使ったから正解・間違いじゃなくて、ここに至るまでの判断がおかしいから大事なゲームで中継ぎが打たれた。ただそれだけですよ。そういう意味での采配ミスであっても、継投のミスではないでしょう(まあこのチームのファンで摂津の働きを非難する人間がいるのは理解できませんけどね)。

 150Kクインテットという草不可避な6789回に平気で抑えリレーをつぎ込むという継投。その発想がそもそも狂ってる。先発にいかに長い回を投げさせるか、いかに上手く負けるか、負け試合で中継ぎを使わずに温存、大事にしながら価値を拾っていくというペース配分のかけらもなかった。

 セリーグなら打席に立つ時に投手交代という要素がありますから、まだしも、パ・リーグでこんだけアホみたいに投手をつぎ込むセンスが理解できません。

 左のワンポイントのように、あるいは789回の順番のように役割を明確化することで選手は目先のことに集中できる。そして良い結果を残せるように成るとはいいますが、先発に5回まで6回までなんていう役割分担はありえないです(そういえば先発した金に二回まででいいんだ的な珍言もありましたしね)。メジャーの中4日ならともかく、日本の中6日は完投が基本ですから。こんだけばかみたいに中継ぎを使うならもう中4日で回してどうぞ。ブルペンでの投げ込みも禁止してメジャー流にしたらいいんじゃない?メジャーがお好きのご様子ですし。

 とにかく我慢ができない、いい投手がいたらそれに頼りきってバカバカ使う。挙句コンディションが悪化して故障&二軍落ち。そういう悪癖がよーくわかったシーズンでしたね。森福先発とか若手を試して捨てればいいのに、どこかで勝ちたいというスケベゴコロがあるからそういうことに成るんじゃないでしょうか?こんだけ戦力があるんだから、ラストスパートにかけてところどころ見切って捨て試合を作って温存、戦力を整えるということが出来ないのは目先の敗北や連敗を恐れているんじゃないですかね?負けるのが怖い病=目先の勝ちに固執するということかもしれませんなぁ。別に序盤に借金10あろうが15あろうが問題ないチームなのに、ものっすごいソワソワしてましたからねぇ。はじめっから最後まで勝ちっぱなしの独走じゃないと不安でしょうがないのは長嶋さんを彷彿させますなぁ。

 野手にいたっては逆で、とにかく状態が良かろうが悪かろうが同じ選手を使い続ける。マッチもチックもWBCがあり疲れが溜まっていた。例年より変な凡退が明らかに多かった。リフレッシュで休ませる&若手にチャンスを与えてよかった。今宮も今シーズンは大きく成長しましたが、序盤から途中くらいまでいい加減ちょっとはスタメン外せ!と言いたく成る内容でした。選手を使い続けて育てるというのはわかりますが、何試合かちょくちょく外して他の選手と競わせるということと何の矛盾もしない。10~20試合も外せと言っているわけじゃありませんからね。5~10試合に一回くらいは外すべきでしょう。まして高田を育てたいのなら、そして今宮がアクシデントで離脱する可能性を考慮しても。

 Bクラス・4位で来年クビはないにしても、いずれ間違いなく辞任の理由の一つになるでしょうから、優秀な監督取るその日まで我慢し続けるしかないかもしれません。小久保が日本代表の監督とかどうなんですかね…。せめてノムさんあたりをスーパーアドバイザー的な役職につけて監督のいろはを学ばせるとかしないと。給料安いから監督・コーチ経験ない若い人間就けただけでしょ?ハム・ヤク・中日・ロッテみたいなスモール・ベースボールの教育がきっちりできている環境でもないですし…。監督もそうですがいい加減代表コーチとかしっかりとした給料・待遇を与えないと。代表スポンサーそんなに少ないのか?樽募金不可避ですね。ノムさん「ワシなら一千万でやるぞ!」とか言ってくれないですかね。

 しっかし来年どうしますかね?中日の中田賢を取るとか言ってますけど。補償ないのならまあいくらでも好きにすればいいですが、結局投手力というのはフロント・現場でしか育成できませんから、課題の先発投手のためにちゃんとした投手コーチを持ってきてくれないと。まあ郭コーチは間違いなくクビでしょうけどね。当然、コンディショニングコーチもね。和田帰ってくるのかなぁ?やっぱりメジャーでコントロール重視の投手は厳しいのかもしれないですね。身体が大きくて頑丈じゃないとメジャーの先発ローテは無理ですし(※それでも180センチ80キロあるんですね。小柄なイメージが有りましたがまあちょっと小さいくらいで問題はないですね。実際175センチくらいなのを盛ってるなら話は別ですが)。

 なんとかして巽に一勝させたかったなぁ…。一勝すれば来季に向けて大きな自信になると思ったんですけどね…。

 ファルケンはもうクビでしょうね。故障もちですし、来年使えそうないい投手が見つからない。5000万程度格安で一年契約、使えそうなら使うという感じでの契約ならあるんでしょうけど。こんだけ故障離脱を繰り返すようなら、もうまず再生はないでしょうし。どこか他所の球団が使えるとして高額払って結局アカン…というルートも十分ありそうですけど、どこかファルケン取るかな?うちのコンディショニングが悪いだけで他所で再生されたら笑えますけどね。

 まあ面白そうな素材はいくらでもいるので優秀な投手コーチなら来年までには先発も整備してくれるでしょう。そんなに恐れる程の事じゃありませんよ、先発事情は投手コーチ&コンディショニングコーチがあれだっただけで。