別館、身体論・武術・スポーツのお部屋

身体論・武術・スポーツ関係を分割してこちらで独立して書いてます 野球評論は辛辣に書いてますので苦手な方はご注意下さい

我が鷹日記⑪ 八月後半七連勝とキャプテン引退編

我が鷹日記⑩ 八月前半マツダ殺人事件犯人はミマ編の続きです。

8/14】ロッテ三連戦~1-3

 10勝10敗の投手山田。初回いきなりツーベースで犠打→犠牲フライのコンボ。幸先良くグライを攻略するぞ!って言う時に、直後ヒット&ホームラン。また角中か。ロッテに負けるときはHRって感じですなぁ。山田よくなかった。7回まで6四死球ですからねぇ。

 なんですかねぇ?点とったのに、直後に失点という最悪のパターンが響いたのか3939やられました。3~7回まで三凡って…。湿りだしたか!と怖いくらいの打線の調子でしたね。例によってよんたまなしですし。初回の一点だけでグライに完投されてしまいました。これぞ無駄な敗北の典型。明日から中継ぎも十分使えるし怖い負け方しましたねぇ。神内も打たれるし、左腕がいなくなるなぁ…。

8/15】7-0

 と思いつつ、ここから破竹の7連勝!キタ━(゚∀゚)━!と言いたいところですが、連勝よりも連敗しない二勝一敗ペースがいいと書いたのとおりそこまで喜べる話ではありません。七連勝ってことは、前後の負け含めて貯金五ですからね。貯金五のいい時があっても結局、貯金五どまりというのが今シーズンの低迷を象徴してますなぁ。これで貯金十くらいじゃないと優勝は厳しい…(´-ω-`)。

 上もまだ貯金十五とか走ってないので、十分圏内ですけどね。西武もハムも貯金十のラインをウロウロしてますので、射程内。全然追いつけるって感じはあります(まだ、このときはね~)。

 この話はまた今度続きを書くとして、ゲーム詳細を。キャプテンの引退が発表される前日から小久保は逆らわずにつなぐ、一発狙いをしないコクローとして貢献するシーンがちょっとありました。それまでは振り回して一発を狙っていましたが、スパっと諦めて最後にチームに貢献しようという方針に転換したんでしょうね。それが七連勝に大きい=打線のつながりが出来た一つの要因だと思いますね。

 まあ捨てゲーですかね?ロッテは摂津相手ですし、新人試しとくかってなもんでしょうね。阿部って誰?って感じですもん。んでエラーも絡んで五失点。しかし二桁安打にHR二本と景気のいい話7-0で大勝。金澤が地味に安定して無失点を続けていますね。これが非常に継投を楽にするので大きいですね。よんたまはともかくロッテをヒット三本に抑えました。まさに大勝、完勝ですね。打てない、守れないじゃあ、頭がいたいところですね。

8/163-2 

 ドイルVS小野でうーん、ちょっと難しいかなぁ?というところ。五回を投げてくれればという所。が、ダメ…!んでまたしても鬼継投・リレーになってしまい、吉川 、金沢 、森福 、柳瀬 、岡島 、藤岡と随分つかってしまいましたなぁ。昨日摂津だったとはいえ、6回しか投げていませんからねぇ。

 3回2・3で被安打5四死球4じゃあちょっと使えないですねぇ…。困ったもんだ(´-ω-`)。小野は対照的に8回までゲームを作って勝ちがつかないというなんじゃあそりゃという感じでしょうね。引き分けならともかく、負けゲーですから疲れ倍増でしょうね。益田つかって薮田が打たれて負けるとか…。

 今江のエラーから盗塁→送球ミスで一気に三塁どころかホームまでという棚ボタで同点に追いついたのが良かったですねぇ。小野が良かっただけにこういう形で追いついたのは地味に強い=負けない野球の醍醐味です。

 ギータのロマン砲でサヨナラ。ギータは早くクリーンナップを打てるようになってほしいですねぇ。まあ最低二年、普通に考えて三年はかかるでしょうけどね。まずは穴を少なくして率を上げるところからでしょうか?

 アレンといい、ドイルといい、今年はペーニャ以外活躍する海外勢がいませんなぁ。困ったもんだ。あ、陽は台湾人登録か。

8/17オリ三連戦~5-0

 山田?新人か?オリは投手揃わなくて今シーズン厳しい分こうやってどんどん下のものに一軍マウンドを踏ませることができるので、来年・再来年投手育ってくるでしょうね。これで育たなかったらよっぽど投手スタッフが悪いってことでしょうね。金村さんが毎年投手コーチをコロコロ入れ替えるって言ってたんで、無駄だったら怖いですね…。先発が次から次へと離脱して大変だろうなぁ、オリ。

 ペーニャの4-4うちHR2本という大活躍でいうことないですね。投げる方は陽の二桁奪三振無四球完封で。中継ぎを休ませなくてはいけない試合で初先発で初完封ですからもう言うことないでしょう。オリックスにとってはさんさんたる結果ですね。

 

8/18】4-1

 続いて小松、小松?六回がやっとのPでしょうか。毎打席内川がタイムリー打ちましたね。6回までの4失点でゲームが決まりました。うーん、このP来年に向けて伸びしろあるのかなぁ?中継ぎ転向が大好きなどんでんさんがそうしてないところを見ると、完投能力・ロングイニングを投げる能力無いし、年齢的に厳しいんじゃないですかね?環境変えたほうが良いのでは?良いコーチにあって変化球身に付けるとかしないと厳しそうですね。社会人出身で新人王か~。社会人出身でこれじゃあなぁ、厳しいかなぁ。

 大隣が四点差あったので楽に投げられましたね。最後は一点やっても問題ないケースだったのが大きかったでしょう。岡島もパーフェクトに締めてくれました。

8/1910-8

 そしてこのバカゲー。武田やし、余裕で五連勝だ!とおもいきや、なんともイミフなゲームになりました。初回に早々に一点を失い、2つ四球を与えたり、うーんという所。あんまり良くないと見たんでしょうね。球数も90近いし三点リードがあったので、おろしました。残り四回も昨日岡島使っただけで中継ぎフル投入でおkという判断でしたね。しかしまあ…。

 相手が独立リーグから来たイタリア人ということで、初物外国人に好投されることが多いホークスとしては変に気になるところでしたが、まあ打てました。西武戦で完投してますね。ストッパーだったんちゃうんかいって気がしますけども、先発居ないオリは暫く先発で使うでしょうなぁ。

 これまでHRオリから一本も打たれたことなかったんですが、とうとうバルディリスに打たれちゃいましたねぇ。そういえば対チーム成績でHR一本も打たれなかったというケースはあるんでしょうか?オリに安定して勝ち越せるのもこの投手陣の相性の良さってのが大きいんでしょうね。

 金澤が2ラン食らって、柳瀬が持たずに森福の投入をワンテンポ早くしてイニング跨ぎ。5-4ときな臭くなって、ちょっと怖いなぁ…となってきた所、九回ビッグイニング。しかし一点もリードしていない状況から平野・岸田ですか、まあ負けすぎて間隔開いてるしいいか。それでも9回5失点というのは頭になかったでしょうね。守護神が一点負けてる場面で行けと言われても気持ち乗らないでしょうしね。

 こちらも一点差の緊張感ある中、岸田きたし、まあ点はいらないだろうと岡島が行く準備をしていたんでしょう。ところが急遽6点差になって藤岡。準備がしきれなかったか、調子が良くなかったか。3点差まで詰め寄られて結局岡島。藤岡がワンナウトしか取れない非常時でしたからね。岡島使いたくなかったなぁ。

 後ろのピッチャーは本当に気持ちを作るのが難しいといいますからねぇ。負けないだけよしとしましょう。あと、継投は何があるかわからない。なるべく一人の投手を長く使いたい。代えて悪いときだったら大変になるからって落合さんが言ってたことを思い出させるような試合でしたね。

 打たれてもいい場面だったことが幸いですね。打たれちゃいけない場面でこんな調子だったらと考えるとおお、怖い怖い。切り替えてまた好投できるのがホークスの投手陣だと思うんで大丈夫、うん。

 とにかく、3タテ出来たんで勢いがついたカードになりました。お得意オリからこういうふうに3タテするのがいいですね。あと二・三回3タテしときたいところですからね~。出来れば次のカードも3タテしたいですね。

【8/21】西武三連戦~4-0

 重要な2位・3位対決。この日は本多・明石か。いきなり三振ゲッツー。よんたまの後だけに盗塁&ヒットで一点と行きたかったが、失敗。4回の秋山のバント失敗が大きかった。5回には先頭のおかわり君を出したのに、西武は最低限も出来ず。そつない野球ができないのは死亡フラグですね。

 小久保のチョコンタイムリーでようやく先制、初回以外全くランナーを出せなかったので7回きっちり攻略できたのは大きい。なんか球数多かったし。バテかな?

 直後連続ファーボールでヒット。嫌な感じがあるものの、そこはやはり摂津&細川で大崎をレフトフライで打ち取り無失点。要所はきっちり押さえる見事な内容。

 8回森福でいきなりオーティズに2塁打、やばい!となりつつも犠打→栗山死球→中島・ヘルマン連続三振で切り抜ける。スナイポ野球良くない!ワンナウト三塁で秋山ちょっと強引になったんでしょうか?森福も疲労でああいう抜けがありますなぁ。このあと柳瀬も変化球が抜けた危険球出すし、殺人ベースボールはアカンで!変化球だから頭部でもそんなに深刻にはならないと思うんですが、浅村君大丈夫ですかね。しっかり謝っとくように。

 アレンはこの日から代打で全く結果を出せずに、ロッテを最後にさようならか。うーん、なかなか芽が出ないですなぁ。最低限でゴロ一点、更にダメ押しのキャプテンタイムリーが大きい。四点差つけて岡島使わないで終わるのがベストだったんですけどね~。うーん、なかなかよっしゃあ!という形になりませんねぇ。

 チャンスで中島は腰を痛めたというのがあって、本来のスイングではなかったですね。こりゃ線としてつながらないわな。岸引っ張りすぎでしょ。一点差ある中で信頼出来るPがいないというのはやはり西武厳しいですなぁ。

8/22】8-2

 栗山死球で離脱。これでつながりが無くなった打線が沈むでしょうね西武は。まあその後も首位を走ったんですけどね(´-ω-`)、西武は新人秋山が大きいな~。そんなに穴が出る感じしないもんなぁ。

 3回細川のヒット→本多ランナー入れ替わり→明石のツーベースでそつなく一点。理想的ですね。9番がもっと打ってこのようにランナー入れ替わりで~というケースが今後も命運を分けそうです。やはり明石/本多より、本多/明石の12番のほうがいいでしょうなぁ。こうしたほうが下位だからといって相手Pは手が抜けなくなりますからね。プレッシャーを与える、本多の足を生かす1番がいいでしょう。あ、明石ちゃうわ。ハッセのタイムリーや。

 ギータはぶんぶん丸で最低限できんなぁ。そろそろ外されるかな?4回ワンナウト三塁で最低限を防いで、よし!と思ったら炭谷にタイムリー。こういうところやっぱり山田やなぁ。

 6回ハッセ→ペーニャ最低限→キャプテンタイムリー&熊代エラー。これで流れが一気にきました。うーん菊池→十亀はどうかな?次の登板考えてすぐ降ろした感があるのか?山田相手を考えればまだ逆転はあるし、なんで代えたんだろ?代わった十亀も打たれたし、相性いいとかあったわけでも無さそうやしなぁ。

 結局うちの主砲細川に3ランを打たれて撃沈しとります。細川はミート良くないですが、パワーがあるんであたればああいうことになりますね。細川は西武戦に本当に大車輪の働きをする。頼もしいですね。小久保の代走が、アレン?アレンのテストかな?

 その後ハッセも田中から2ラン。田中?西武は後ろっていうか投手陣どうなってるんや?8回まで山田がなげて、9回は神内。一発浴びるのもご愛嬌やね。あれなら全然いい。いい形で勝てましたねぇ。後ろのPを使わずに済んだので、最高に近い勝ち方ですね。

8/23】2-5

 地方球場で外人Pはかなり危険。マウンドとかだいぶ様相が違いますからね。対照的に低いマウンドを生かした牧田は快投。8連勝といきたいところでしたが、やっぱりきつかった。四点差ついて早々に捨てゲームになっちゃいましたね。バッテリーごと金澤・高谷にスイッチ。なんつーか安定の吉川やな…また打たれとるし…。

 しっかし、5点差あって、ウィリアムズ・長田・涌井使うかね?しかも打たれるしね。まあ地方球場で満塁一発のリスクが高い分しゃーないんだろうけど。この三枚を休ませられないようじゃ…。まあ前半疲労無いんで、無茶してもいけるやろということもありえますけどね。やはりもう一枚二枚欲しいですよね、西武からすると。

 8回9回に一点づつ。楽に終わらせないことは大事ですね。これでよしとしましょう。連勝は7でストップしましたが大事なのはコンスタントに勝ち続けること、連敗しないことですからね。中継ぎ酷使&黒死は怖いですから。

 せっかく山田が8回投げて神内で、勝ったのに中継ぎ温存できて次の試合一気に8連勝や!といける形だったのにねぇ。まあ先発がドイルだから仕方ないなぁ。相手牧田だし。7連勝で一気に首位・二位と3ゲームの範囲に来て。やっと優勝争いが出来るようになって来て面白くなって来ましたね。

次はまさかの勝ち越しなし、本命日ハムに敗れる編ですね。続く…