読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別館、身体論・武術・スポーツのお部屋

身体論・武術・スポーツ関係を分割してこちらで独立して書いてます 野球評論は辛辣に書いてますので苦手な方はご注意下さい

交流戦、エース投手抜けてセが有利?

5・16~6・17交流戦という草刈り場が始まります。パ・リーグにとってはここで荒稼ぎしとかないと後でエラいことになるために、ここでいかに白星を貪り尽くすか重要なところです。

 毎年セはここで横浜・広島が止めを刺されるので、ペナントがつまらなくなってしょうがない時期でもあります。ああ、今年もここまでかと。六球団でペナントを争うか、三球団で争うかじゃ面白さが全然違いますからね。統一球でヤクルトが戦えるようになって、四チームで争う形になったかと思ったら、今年は阪神がヤバイ様子で、また三球団レースでしょうかね…。つまらなくなりますね。まあ去年も前半調子悪かったですし、六月にはもうちょっと上がってくるでしょう。借金まだまだ5にも行ってないですしね。

 そういえば借金7とかで巨人ダメだ!みたいに騒いでましたけどあの人達はどこへ行ったのか?己は12番不在、守備の乱れについてはオイオイと思っていましたけど、それも想定済みで、まあ巨人優勝だろうと。ポカやってバカなことして、中日・ヤクルトの選手が出てきたらまた話は別ですけどね。あとは怪我で投手の離脱。

 あの時点で30試合行くか行かないか、まだ四分の一も消化していない時点で早すぎますよ。巨人がバカなことやっているのもわかりますが、一年争うのがペナントなんですから、気が短すぎ、何を見てるんでしょうね?優勝無理とか早すぎにも程がある。叩いて煽りたいだけでしょう、質が低いなぁ。

 前々から練習の足りなさとか、投手スタッフの整備が悪いとかそういうことだけを言っといて、最終的には打線も上向いて勝つでしょうって言うべきでしょ、普通。どこのチームだって打てないっていう不調は一年に一回くらいあるんですから。巨人だけが故障ならともかく、ほかも特に中日の浅尾が良くないんだから、十分勝負になりますよ。

 ペナントの行方・見通しなんて夏までわかりっこないって。解説者とか新聞記事で騒ぎ好きよ。目先のことに一喜一憂しすぎ。こういうところもプロ野球環境・背景のダメなところですね。

 投手の質から言って、戦えるのは巨人と中日くらいですかね?ヤクルトはここをこなせるかどうかがカギ。去年優勝を交流戦の中日の貯金とヤクルトの借金の差でしたからね。少なくとも五分だったら、確かヤクルトが優勝してたはず。正直今でさえ投手カツカツなのにいけるかなぁ…。持ったとしても交流戦終わりで苦しみそうですね。七條ことバガボンが復活で、彼が働いてくれないとキツイですね。去年後半のような働きをしてくれないと…。最近ロマン調子が上がってきたのもいい材料ですけど(オリ戦で押本が打ち込まれました明らかに球が高い、今後キツそうです(´-ω-`))。

 中日はセの打てない打者だからじゃね?っていう己の疑問を裏切ってくれるかどうか注目したいと思います。去年ローテを守ってた投手いませんからね。本当に一年ローテを担える先発投手なのか、これではっきりします。特に山本昌は危ない気がしますし。パでも通用するなら、一年十分いけるでしょうから、巨人・中日のいつもの展開・優勝争いになることでしょう。

 ようやくネルソンが投げられるみたいですね。投手コーチらはほっとしているでしょう。しかしこれでネルソンが去年十連敗?勝ちなしでしたっけ?しましたし、そういう変なのがなければいいですけどね。まだ若いですし、伸びしろありそうですし、成長しているかどうかも気になりますしね。

 阪神は打つほうが調子良くないので多分負け越すでしょうね。マートンの怪我やっぱり、もうちょっと調子上がるまで我慢したほうが良かったんじゃないかな?ストップかけるべきだったような…。一時期クリーンナップがむちゃくちゃ打ってたのに、今や見る影もないですなぁ。前半調子良くないほうが投手温存されるんで、怪我の功名かな?と思いつつおもいっきり中継ぎ使ってますけども…。まだまだ5月なんだから再開爆走でも戦力見てどっしり構えときゃいいのになぁ。巨人も阪神も焦り過ぎなんですよ、いつも。

 しかし阪神の助っ人四人衆のうち、そろそろ今年くらいに誰かが劣化して離脱するんじゃないかなぁと思ってましたが、離脱はないにせよマートンブラゼルは、来年くらいにはヤバイかもしれないですなぁ…。年齢的に助っ人ってそうなんねんも活躍しませんからねぇ。

 全てはオリ・西武・楽天の調子次第ってところもありますが。特に楽天は打つ方、聖澤・内村と足の早いのがいるんで、一点差ゲームを戦える。よってセは意外と楽天相手に取りこぼす・打ち負ける気がします。監督も星野さんでセの野球を知ってますしね。楽天がこの時期三位にいるなんて予想もしませんでした。

拙予想と全く逆の上位チームであります(^ ^;)。困ったもんだ。んで、エース級がいなくなったパが不利、今年はセいけるんじゃないかって言ってますけど、普通に無理でしょ?広・横は去年と比べて変わった!強い!っていう感じじゃないですし、パに勝てる気がしないでしょう。DHに使う選手が居ない。使ったら代打の切り札とか戦力的に劣ることになりますし。

 エース級いなくなっても、セも内海よくなかったり、吉見居なかったり、石川良くなかったりで、セに絶対的エースが二枚育ってきてないんですから、条件同じでしょう。だったらパ・リーグの地力の差で普通に勝ち越すでしょう。

 無論オリ・西武もここまで先発良くないですし、チーム状態も良くないですけどね。そこら辺確かにどうだろう?って感じはします。オリ・西武がごっつり負け越すようなことがあれば、セが少しは勝ち越したりするかもしれません。さすがに今年は上から六つ全部パ・リーグパ・リーグ完勝ってことはないでしょうけどね。

 巨人に杉内・ホールトン行って投打のバランス見て、まず戦えるのは巨人くらいだというだけでしょうね。例によってポカやるリスクありですけど。中日は打がどうかっていう感じが常にありますし。そういえばパに対して、谷繁・井端がどれだけ打てるのかなぁ?それも気になりますね。

 普通に五分からセの負け越しでいつもどおりになると思いますよ。一点を争うゲームでパが去年並みでないにしろ勝つでしょう。

 北海道や九州にファンが居ないから、そこで太刀打ち出来ないでしょうしね。去年と違ってロッテがイイ、楽天も打つ方に小技が増した。ハム・バンクが多少良くなくても、去年みたいな感じになりそうな気がしますけどね~。パがバランスよく勝つ。巨人と中日が上に食い込んで、優勝争いをする。パのどっか一チームとセの四球団が下に固まるって感じじゃないですかね?