別館、身体論・武術・スポーツのお部屋

身体論・武術・スポーツ関係を分割してこちらで独立して書いてます 野球評論は辛辣に書いてますので苦手な方はご注意下さい

12・7の亀田戦

がありましたね。まあ、そんな真面目に見ていませんでしたが、興毅・和毅はKOで、しかしメインの大毅は王座獲得ならず。判定結果が残ってませんが、大差を一人つけたらしいです。

ガードを固めてジャブを打たないなら、もっと手数を出すことをやらないと。なぜ?毎回おんなじ事やって負けるのか?彼は何歳までやる気かしらないけれども、辰吉ぐらいやらないと芽が出ない気がする。キャリアのなさ、優れたトレーナー・セコンドのなさ、そういうのがモロに出てる感じ。中南米とかから優れたトレーナー呼ぶなり、合宿して教えを請うなり、なんでやらんのでしょ?

ストレートないボクサーってつまらんね。内山選手のクオリティの高いボクシング、何よりあのストレートがほんとうに素晴らしいわ。え、個人の好き嫌い(笑)(^ ^;)。まあいいじゃないですか。移動と攻撃と空間奪取を同時にこなせるストレートの技術をなぜ磨かん。フックとショートフックだけ、たまにアッパー。コンビネーション右のダブルとか小さいパンチの集中とかなんもないね。

唯一良かったのは序盤アグレッシブに撃ちあったことだけかな?あとは印象にここら無いですね。坂田とか内藤とか、国内にも優れたボクサーいましたからそのいいところを学びに行ったらいいんじゃないですかね?

足か、手数か、ジャブ・ストレートか、とにかく何か新しい武器を備えないと。本来の階級であれではね~。

内藤以後負けて急成長しましたし、負けたことでさらなる飛躍を遂げることはあるでしょうね。まあつぎ次第ですかね?

四階級制覇ね…。それより強い奴とやるのが見たいね。KOしたけど、パワーがようやくついてきたのかね?そもそもようやくこの階級に順応できた!ってなったのに一つ落としてベルト取りに行くのかね?