別館、身体論・武術・スポーツのお部屋

身体論・武術・スポーツ関係を分割してこちらで独立して書いてます 野球評論は辛辣に書いてますので苦手な方はご注意下さい

日本シリーズについて、初戦・二戦

もう三戦目に入っちゃったし、なんか書いとかないとね。もう始まってるし(´-ω-`)。

 さて、予想外の福岡でのホームでのホークスの連敗。これでもう中日じゃね?という思いを強くしている人が多々いたかと思います。智将落合の術中か!?日本一優勝で辞めるというフラグが立ってたし、見事に回収かい!なんてムード。

 初戦・二戦と連勝したチームは80%制する。なんて数字があるくらいですけど、まだまだもう決まりなんて感じはしません。というのはホークスの投手陣の凄さですよね。

 中日は高い防御率、良いピッチャーに守備力を備えています。が、先発のコマからすると一年間ローテを回すという意味では十分な陣容ですが、日本シリーズに限ってみるとホークスと見劣りする。~の良し悪し、能力とは相対的なものですからね。

 なぜホークス>コアラと戦前から言われていたといえば、最強打撃陣&投手陣だからですよね。先発陣和田・杉内(1・2戦)そして摂津・ホールトン・山田というキラ星のような陣容。初戦チェンがあんまりよくなくて、すぐ点取られて「ああ、ワンサイドで終わるかなぁ」と思ったら、なぜかどんどん良くなっていってチェンはしっかり仕事をしました。

 江川さんが「ソフトバンクはチェンを見て、こんないいピッチャーが中日にはいるのか!と萎縮してしまっている」といったのもまたむべなるかな。

 しかし今中日にはエース吉見とチェン以外にいいぞ!というピッチャーがいないんですよね。ソトがいないから…。と何回も書いてきたように一回登録されたのにもかかわらず投げていない。ネルソンじゃなくて普通ソトでしょう。移動日挟んでますから、岩瀬・浅尾を休ませてから残りの2つを確実に取るなんて計算も立たないでしょうからね。去年のシリーズ同様統一球もあって、延長引き分け再試合を考えればなおさらですね。

 摂津・ホールトンに投げ勝てるか、中日ペースに持っていけるか?すなわちロースコアゲームの蟻地獄ペースですね。ドアラ地獄です。6戦7戦チェン・吉見として、345がネルソン・山井・川井。ソトが投げないことを考えるとこうなるかもしれません。とするとホームとは言えホークス打線を抑えられるか…?

 特にネルソンはCS登板しませんでしたからね。レギュラーシーズンの最後も良くなかったし、いいピッチングするとは思えないんですよね。立ち上がりに難があるピッチャーですし、初回・二回に3点失ったらレギュラーシーズンの悪い時のように3点取れずに負ける気がします。黄金の12番コンビがあるようにここでやられるような…。二巡目までこのランナーを出さなければいけますが、出して崩れていくなんてのが可能性として大きいかと。3・4回までのりきれたらぐぐ~っと勢いついけていくのもありえますが、捕まったらあっさり負けるでしょうね。

 ピッチャーというのは発熱して休むと一週間程度関節とか緩んでしまうから調整に時間がかかるっていう話をラジオで聞きました。ちょうど一週間…果たしてどうですかね?

 馬原がなんか良くない。たまたまなのかそういう星の下に生まれついているのか。レギュラーシーズン見てなかったのでわかりませんが、ストッパーというのは打たれたときにクローズアップされるからなのか?、彼はよく打たれる、炎上するイメージがあるんですよね。ハムも武田久がやっちまったように、ポストシーズンではだめになるものがあるかもしれません。あまりこだわらず細かいイニングだけ・中継ぎで使ったほうがいいかもしれません。

 日本シリーズでは調子の良いものから―が鉄則ですから。思いもがけない馬原での連敗を秋山監督がどう判断するかひとつのキーになるでしょう。

まだまだ色々ありますが、とりあえずこんなところで。