別館、身体論・武術・スポーツのお部屋

身体論・武術・スポーツ関係を分割してこちらで独立して書いてます 野球評論は辛辣に書いてますので苦手な方はご注意下さい

CSについていろいろ。というかホークス優勝確定?

 CSどころかホークス優勝が決まってしまいそうな勢い。解説の工藤さんの話が面白かったですねぇ~。6回ソフトバンクが円陣を組んだ。岸はストレートとカーブ。これまでの内容から、方向か割りきってどっちかの球種に絞れと。細かいバッティングを心がける本多がおもいっきり引っ張ってツーベース。内川が逆方向へあっさり進塁打。これまでのホークス打線の打ち方と変わってきている。ならばスライダー・フォークに組み立てを変えていくべき。銀仁朗気づけよ!このへんが若いキャッチャーのダメなところだと。

 なるほどな~と。細川流出で西武打線の傾向は完全に把握されているし、ナベQ初日本一の時に巨人を破った主要因。キャッチャー阿部・細川の差がありましたが、今回もキャッチャーの差が出たというわけですな。そうじゃなきゃレギュラーシーズン圧倒的なレコードにはならないっちゅーこと。

 打てるキャッチャーより守れるキャッチャーの方が年間通じて更には短期決戦を通じて絶対的な要素。巨人は日本一のキャッチャーがFA宣言した時手も挙げなかった。この事実こそがバランスの悪さ、勝負弱さの理由でしょうな。楽天山崎が嶋に対して、いいかげんにしてくれお前でいくつゲームを落としていると思っているんだ!と叱責したように阿部に叱咤する事のできるチームリーダーがいない。それこそ巨人の最大の弱点ですね。

 まあ、それはおいといて、摂津のピッチング構成・組み立てを考えるとまともに打つよりセーフティーバントというのは理にかなっているとか、川崎が一塁にいてカウントを作ってファーボールを12番二人の共同作業で勝ち取ったこと。ね、走らないでしょ。こうやって揺さぶるからカウントが作れる。走るならいつでも走れますもんとか、的確でしたねぇ。

 松中の満塁ホームランですが、今の松中なら8割5分、イヤ9割牧田で大丈夫でしょうといってましたが、牧田はセットだとダメなタイプですから、己は危ないぞと思ってました。今までCS弱いといっても周りが打てない・繋がらないで焦って自滅でしたが、今回はつながってますし、リードしている状況。怪我明けとはいえ状況が全く違う。

 ナベQの投手継投が上手いとかプロ野球ニュースで言ってましたけど、後ろがいいと言うより、ハムがなんかちぐはぐだった。あんまりよくなかったと己は感じていたので後ろがホークスにも抑えられるかどうかだろうなぁレギュラーシーズンから牧田はよく打ち込まれていたし、危ないぞと思ってました。んでドッカーン。牧田は松中に対して5の0か。社会人を経験しているとは言え、このプレッシャーの中で失投してしまいましたね…。あんだけ逆に言っちゃったら打たれれるわね。

 日本シリーズでも工藤さんの解説が聞きたいやね。統一球の理を生かしてどっか工藤さんとりゃいいのにね。

 まあ以前ホークスは一戦も負けないんじゃないか?と言いましたが、→福岡ソフトバンクホークス優勝そんな感じになりそうですな。初戦負けるのが怖かったですからね。初戦負けると去年のロッテのパターンをリーチかけても思い出しちゃいますからね。エースで勝ちが計算できないと困る、5・6戦で負けるかもというプレッシャーで自滅しちゃいますからね。

 初戦も固かったようにちょっと大丈夫かな?というのがありましたけど、主軸のホームランが出て、相手はホームラン警戒で四球。打線につながりが出るのでもう問題ないでしょうね。

 一方の中日の敗戦。ヤクルトは一個勝てればましぐらいなつまらないカードになると思ったら、調子が落ちた館山をリリーフに。後がないからとにかく数うちゃ当たる作戦で使ってきた。初戦を吉見だから捨てて全員をとりあえずマウンドにあげて空気にならすなど開き直りがいいですね。引き分けは負けと一緒ですから、開き直るのがいいでしょう。

 普段なら何この投手継投?バカスwで終わりなんですが、短期決戦にペナントの常識を持ち込んじゃダメですね。もともとヤクルトに理はないんですからね。桜井さんが勝負の前に勝負熱というのが出て、三日三晩飯も食わないし寝ない。ぎりぎりの所で本能を呼び覚ますという話がありましたが、ソフトボールで上野選手が限界を超えて金メダルを取ったように弱いチームはもうそれしかないですよね。

 手負いの虎理論とでもしましょうか。傷ついて、フラフラになって限界を超えたとき本能を呼び覚まし真の力で立ち向かう。本当のアスリートの能力の高さが求められますね。そういう戦い方が出来るかどうか。ちょっとヤクルトは見物ですね。

 吉見がいますし厳しいと思うんですが、川井がそんなにいいとは思わないこと。まあヤクルトに相性いいんであれですけど。赤川も巨人が馬鹿だっただけですし。気になるのがネルソンがどっかいっちゃったこと。ソトがいないことで中日危ないぞだったのが、ネルソンが急にどっか行っちゃいましたよね?一体どうなってるんだという感じ。一抹の不安を覚えますなぁ…。

 打ってないブランコがホームラン打つかどうかですね。初戦は森野、次戦は和田とひとり気を吐くだけ状態。まあ打たないよりましですが。4番が長打でタイムリー2~3点とHRで打線につながりを作ることそれにかかってますね。ブランコを抑えられればヤクルトは勝てるということです。

 ヤクルトに勢いはない。西武は中村の一発もあって勢いがあった。飯原のHRとか偶発的にもほどがある。畠山にしろバレンティンにしろ誰かが一発もしくは長打で走者一掃弾を打たないとね~。

 五戦目、吉見の前に勝たないとまず厳しいですよね。ここで負けたら事実上の終戦。あとは引き分け狙ってくるでしょうから。引き分けでもいいというのはロースコアゲームの中日の得意パターンですしね。