別館、身体論・武術・スポーツのお部屋

身体論・武術・スポーツ関係を分割してこちらで独立して書いてます 野球評論は辛辣に書いてますので苦手な方はご注意下さい

いまさらながら長谷川戦

<ボクシング>長谷川が退院「一日も早く練習再開を」

5月14日18時59分配信 毎日新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100514-00000059-mai-spo

 

 いまさらながら、長谷川王者の試合を見ました。なんらおかしいところもなく、試合も有利に進めていましたが、カウンターからもう一発入ったところで、完全に意識が飛んでしまいましたね。あんなクリーンヒットが入るということは、事前のプランにミスがあったのか…。相手がパンチがあったというのも大きいでしょうけど、ほぼ一発で試合が決まってしまうところを見ると…。まだまだ衰えという段階ではないでしょうし、再起は充分可能でしょう。唯、もうバンダムは無理なんじゃないでしょうか?減量10キロ近いのを何度も繰り返すと、内臓が絶対おかしくなりますよ。あごが割れてしまったというのも、今後脆くなってしまうというリスクを抱えてしまうことにもなるし…。やはり急激な減量後、体重は戻っても骨密度は戻らないでしょう。だから折れてしまったのでないでしょうか?記録にこだわるのなら、チャベスばりに短期間で、やるべきだと思います。ドゥンドゥンやろうじゃねぇか!これから毎日防衛しようぜ!っていうくらいじゃないと、体への負担が大きすぎるでしょう。

 

 ボクシングは食えない。ベガスにいくしかない。幾度となく進出のタイミングを図っても、都合が合わずにおじゃん。長谷川という稀代の名チャンピオンが埋もれてしまうんですかね。このまま。内藤選手は亀田様様ですよ。本当。亀興、長谷川、名城と続けざまに陥落か・・・。世界チャンピオン会なんてわけわかんないことやってるんなら、さっさと食えるビジネスモデル作れ。長谷川選手ほどの人間でもきっと3000万程度なんじゃないでしょうか?ファイトマネー。御殿も車も買えず、拳一つで夢のような暮らしが出来ないか…。Japanese dreamなんてありませんよ。メルヘンやファンタジーの世界じゃないんですから―でしょうか?貧しい人間が一夜にして富をつかむ社会こそ活力が生まれるんですけどねぇ…。

 

 内藤選手も防衛は出来ましたが、骨折…。これで次のウィラポン戦大丈夫なんでしょうか?まぁ、両方とも手の内は知り尽くしているんで、コンディション次第でしょうけど。