読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別館、身体論・武術・スポーツのお部屋

身体論・武術・スポーツ関係を分割してこちらで独立して書いてます 野球評論は辛辣に書いてますので苦手な方はご注意下さい

2016パ・リーグMVP大谷選出への疑問

日本ハムファイターズの大谷翔平選手が投手・DH両方でベストナインを受賞し、更に2016年度の最高選手に送られるMVPにも輝きました。この選出には強い違和感を抱いたので一本書いておこうと思いました(何故今頃?というのは単純に書こうと思って書いてなかっ…

落合博満は何故GMとして結果を残せなかったのか?(後編)

落合博満は何故GMとして結果を残せなかったのか?(前編) の続きになります。前回、名GM根本さんの話をした続きです。そもそも名GMとはどういう人なのか?そしてNPB・日本球界では名GMが出る余地があまりないという話ですね。 ■名GM星野仙一はFA補強・トレー…

落合博満は何故GMとして結果を残せなかったのか?(前編)

落合GMの辞任について。 就任一年目の2004年にいきなり優勝し、07年にはCS勝ち抜けの日本一。福留のメジャー移籍やWBCで主力選手が抜けた08年の3位を除けば全て1位か2位という驚異的な手腕を発揮しました。監督最終年には球団初のリーグ連覇を達成と文句のつ…

身体の話(2016/11?)

ようやく首も治ってきて、締切迫っていた本も返して、未消化の野球ネタを消化したいと思います。今シーズンのおかしかった継投のチェックやら、CS・日本シリーズ、来季へのホークス人事・選手の移動で4本は書きたい。落合さんが中日を去ったこととか、巨人ネ…

北海道日本ハムファイターズ、新広島市と新球場建設交渉 総予算増でどんな球団に変わるのか?

首を痛めた影響であんまり長いのを書けないので短い野球ネタを。 北海道の新広島市で新球場が作られるという話*1。 個人的にあーだこーだ語る必要もないことでしょう。こちらの文章(プロ野球・日ハムが新球場構想で描く未来図)を読んでいただければ十分かと思…

【雑誌】 月刊秘伝 2014年12月号

月刊 秘伝 2014年 12月号 [雑誌]/BABジャパン この号は柔軟特集ですね。 序文、ストレッチが流行ったのはつい最近、40年位しか歴史がない。1975年にボブ・アンダーソンが『ストレッチング』を出したことから広まった。*1歴史が浅いこともあって批判あ…

【2016/12 内山VSコラレス】 内山高志は何故敗れたのか

さて、サボってたブログを再開しますか。あーこれ書くのに3日もかかってしまった。長い長い。毎週日曜更新予定が元日に書いてないから、あとでもう一本書いて日時ずらして埋めましょうか。スポーツ関係ではやはり、内山高志の大晦日の試合について触れない訳…

身体の話(2016/08〜10)

だいたいその辺りに感じたことです。腕とか上半身の話が多いですね。 腕を上げる、そして天から吊られる意識を感じて腕を降ろす。からだがより伸びる。腕と足の側軸の感覚がより通るのか、それとも肋骨が伸びる・身体の側面が伸びるという効果があるのかよく…

師弟 野村 克也/宮本 慎也

師弟/講談社 ¥1,404 Amazon.co.jp 先月くらいに読んで公開していなかったので。読んだメモです。 ヤクルトはアリゾナでキャンプをやった。遊ぶ場所がないから選手が集中できた。阪神は高知で、呑兵衛が多い土地柄。選手が練習後の飲み会のことでミーティン…

【2016「工藤批判」批判】 王会長・工藤監督は秋山時代の「森脇追放」のように、反工藤派(藤井・大道・鳥越?)を粛清すべし

さて、前回書いたように今回は「工藤批判」批判をやりたいと思います。というかやらなくてはならないでしょう。長々工藤批判を書いてきて、まだCSでの意味不明な継投とか、シーズン中いかに我慢できない継投をしていたかとか、そういう指摘をしたかったので…

【雑誌】 月刊秘伝 2014年11月号

月刊 秘伝 2014年 11月号 [雑誌]/BABジャパン 歩法特集ですね。 太気拳 岩間統正「“神技"へ至る太気拳歩法」 蹴りに対する差手の受けを教わった時、怖くて使えない。これは名人にしか使えない技だと思った。しかしトンボの複眼のように全体のスクリーンの中…

身体の話(2016/05〜07?)

もはやいつ書いたか思い出せない身体の気づきメモ集。多分秘伝6月くらいに読んで思いついたことだと思います。 ●口と鼻・耳が繋がっている話。秘伝で松原さんの読んで気になった、気づいた話だったか忘れましたが、口をリラックスさせることで鼻・耳がリラッ…

【2016工藤采配批判⑤】 指揮官としての人格、自身とチームの認識のズレの問題

工藤批判は今回が最終回です。長々5回もよく書いたもんですな(笑)。 【2016工藤采配批判①】 元エース投手故のリード・守備軽視≒攻撃重視 【2016工藤采配批判②】 李大浩の穴は存在しない。李大浩がいる前提の野球をしているだけ 【2016工藤采配批判1.5】 見当…

【2016工藤采配批判④】 「継投」概念の欠如が生んだメイ工藤ラマ 

【2016工藤采配批判③】 歴史的V逸の最大の原因は「継投」にあり ➖の続きです。今回も「継投」の話ですね。今年の大逆転劇はメイクドラマとかけてメイ工藤ラマと言われているようで。まあ今後ずっと言われ続けるでしょうね。 栗山も工藤も吉井コーチを放出す…

二刀流使えなかった?とか、広まらなかったわけとか、片手剣&両手持ちのミックスとか

二刀流は昔からあったという話 を昔書いたことがありました、それに関係するかどうかはともかく、昔そんなことを書いたこともあったので、興味深い武蔵の二刀流の話をなんとなく書き残しておこうかなと言う気になりました。ツイッターで面白そうなツイを目に…

【雑誌】 月刊秘伝 2014年10月号

月刊 秘伝 2014年 10月号 [雑誌]/BABジャパン 「忍術学とは何か?」「リアル忍術修行譚」川上仁一 忍者特集ですが、興味ないので殆どパスです。忍者修行の話だけ面白かったのでメモ。 末端、指・足を鍛える。金的を打たれても効かないように睾丸をしまう。肩…

【2016工藤采配批判③】 歴史的V逸の最大の原因は「継投」にあり

【2016工藤采配批判①】 元エース投手故のリード・守備軽視≒攻撃重視 【2016工藤采配批判1.5】 見当外れな打順批判、固定的起用は好ましくない 【2016工藤采配批判②】 李大浩の穴は存在しない。李大浩がいる前提の野球をしているだけ ―の続き、第三弾になりま…

【雑誌】 月刊秘伝 2014年09月号

月刊 秘伝 2014年 09月号/BABジャパン 島津兼治伝とてつもなく実用的な古流武術柳生心眼流柳生心眼流とは? 柳生の島津さん特集ですね。野稽古でよく試した。喧嘩をするときは、相手にも理を残しておかないといけない。だからやった後は大抵仲良くなった。石…

【2016工藤采配批判②】 李大浩の穴は存在しない。李大浩がいる前提の野球をしているだけ

捕手論・捕手起用の次は、打線・打者起用の話をしたいと思います。李大浩の穴はないという話です。李大浩の話は後半に書いてますので、そちらだけで十分だよ!余計な話いらないよ!という方は「李大浩の穴は―」からをお読み下さい。 ―と書いてますが、李大浩…

【2016工藤采配批判1.5】 見当外れな打順批判、固定的起用は好ましくない

李大浩の穴は存在しないという記事で追記をしたら長くなりましたので、分割しました。李大浩の穴云々の前に書いた打順は固定すべきではないという前菜感覚で書いたものを分割しておきます。 要約すると、打順を固定しておけば役割を固定化することによって、…

【2016工藤采配批判①】 元エース投手故のリード・守備軽視≒攻撃重視

やはり最初はキャッチャーの話からしようと思います。言うまでもなく、ホークスファンになったのはその選手の層の厚さよりも的確な補強をしたことだったので。その年は内川と細川が移籍して、内川の存在は説明するまでもなく、リードに定評のあるキャッチャ…

スポナビブログを止めた話

ブログ引っ越しついでにスポナビで野球ブログを書きました。そしてすぐに止めました。野球専門というかスポーツ専門ブログということで、書いてみるのも面白いかな?面白いことを書く人と交流が増やせるかな?と思って始めてみたのですが、有益な分析をする…

身体の話(2016/03?) アーシング

身体の話(2015/10) 軸タンブリング 以来、身体の話書いてないのかな?これも随分前の話なんですけど書いてなかったので、これを単独で書いとこうと思いました。これ3月か4月か5月頃の話だったか、どうだったか忘れていますが、未だに気に入っているのでまあ…

甲野善紀・松村卓著 「筋肉」よりも「骨」を使え!

放置していた読書メモです。まあいつもの様に気になった所をメモしただけですね。特に何のオチもなく終わります。 「筋肉」よりも「骨」を使え! (ディスカヴァー携書)/ ¥1,080 Amazon.co.jp 伊東浩司の筋力検査の数値は女子選手並。筋力では速い・遅いは決…

【ボクシング】 JBCの使い込みについて

短いですがJBCの使い込みの話をメモがてらに。JBCが「健康管理金」(健保金)という選手のケガの際に使う費用が使途不明になっているとか。まあ、不正使用・横領、使い込まれたんでしょうね。一体全体どういう財務管理をしているのか?組織の透明性のかけらも…

報ステでのイチロー・稲葉対談を見て感じたこと

そういや、報ステでイチロー・稲葉対談見てつぶやいたことがあったので、それをまとめておきます。3月16とか17とか、相当古いものですけどね、まあ一応。野球の話ですけど、野球ブログで書くような話ではなく、しょうがないのでカテゴリで昔の「スポーツ・武…

【雑誌】 月刊秘伝 2014年08月号

月刊 秘伝 2014年 08月号 [雑誌]/BABジャパン ¥1,018 Amazon.co.jp 日本人だけが到達した、身体大改造メソッド和のボディワーク 自彊術かぁ、聞いたことはあっても、やろうとはあんま思わないですね。動画とかで簡単に見れたり、それこそラジオ体操のように…

書評―【前編】 勝利をよぶ身体 誰も解き明かせなかった最強格闘家11人の「極意」/高岡 英夫

過去記事の再掲です。元は11/01に書いたものです。 勝利をよぶ身体 誰も解き明かせなかった最強格闘家11人の「極意」/高岡 英夫 ¥1,785 Amazon.co.jp ―を読んだので書きますね。目次・構成は以下のとおりです 第1章 吉田沙保里―なぜ「タックルの女王」なの…

書評―「ゆるめる」身体学/高岡 英夫

※元は11/01に書いたものです。本家の方に読書カテゴリに入っていたのをこちらのスポーツ・身体論に移しました。ついでに再掲。 「ゆるめる」身体学/高岡 英夫 「ゆるめる」身体学 ゆるめれば本当の自分に出会える (なんかDMM取り扱い復活してますね。) 「ゆる…

左投手には左打者をぶつけるのがセオリー +森はなぜ日ハムに弱いのか?

更新してなかったのでだいぶ前の話になりますが、左投手には左打者をぶつけるという話を。交流戦入って交流戦の話を書きたかったんですけど、先にこちらを消化。 ※タイトルに森が入ってますが、なぜ森が打たれるのか?という理由は書いてませんのでご注意く…

【雑誌】 月刊秘伝 2014年07月号

月刊 秘伝 2014年 07月号 出版社/メーカー: BABジャパン 発売日: 2014/06/13 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 佐川幸義宗範が認めた男伝説の“代師範"小原良雄 小原良雄さんと他高弟との対談ですね。東京学芸大で教えていたため、学生のために佐川…

バンデンハーク敗れる バンデンハークは時間制限型のウルトラマンタイプのピッチャーである

北九州での連敗について 地方に弱いバンデンハーク 見事にハマったバンデンハーク対策 バンデンハークは球数ではなく時間でパフォーマンスが低下する 前回書いたバンデンハークの話の答え合わせ・続きになります。前回、バンデンハークが負けるとしたらロッ…

【雑誌】 月刊秘伝 2014年06月号

月刊 秘伝 2014年 06月号 出版社/メーカー: BABジャパン 発売日: 2014/05/14 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 日野さん特集、胸骨を動かすことで全身をつなげる。これはカヌーのスラローム競技の大学生の技術向上のために考えていた時に生まれた…

【5/14対オリックス戦】 千賀が打たれるパターンの検証

前回(千賀の打たれるパターンの話 )楽天戦で千賀が打たれるパターンがあるという話をして、オリックス戦であっていたかどうか答え合わせをしたいと思います。 千賀の打たれるパターン、傾向は当たっていたか? 右バッターへのインハイ攻めを考慮外にすると… …

続、バンデンハークはメジャーへ行くのか?

前回の続き(バンデンハーク。負けるとすればロッテ戦?)です。バンデンハークはメジャーへ行ってしまうのか?前回千賀の話と一緒に書きましたが、想像以上に長くなったので単独で上げることにしました。 バンデンハークはメジャーへ行くのか? 適性がなけれ…

新記録14連勝バンデンハーク。負けるとすればロッテ戦?

バンデンハークがデビュー以来無敗の十四連勝で堀内・郭の十三連勝を抜いて、NPB記録を打ち立てました。鷹ファンとしてはおめでたいこと限りない話ですが、手放しで喜べない事があります。それは当然メジャー移籍ですね。こんだけ活躍してしまうと当然、代理…

千賀の打たれるパターンの話

大した話ではありませんが、千賀が打たれる際、傾向があることに気づきましたので、そんな話を。前回まとめて書こうと思いましたが、話がブレるのとあんまり長くするのもアレかなと思いましたのでわけました。 千賀が打たれるときは、1・2球目がポイント 千賀…

サファテ5連投という采配への疑問

リリーフの連投はタブー ファイターズ・イーグルス相手に無茶をする必要はない 今年のリリーフ陣事情 選手が投げたがった―は言い訳にならない。それを止めるのがコーチ・監督の仕事 工藤野球の原則に反する5連投の謎 雨天中止を見越した結果? ※おまけ コメ…

田中賢介の走塁は合法である。合法であるが…

※ブログインポート後に旧ブログに書いたもので、インポートで反映されなかったので、手動で再掲してます。元は16/05に書いたものです。 田中賢介の物議をかもした走塁 ※動画はニコニコから引用です。 4/3、物議をかもしたファイターズ・田中賢介の走塁につい…

バドミントン桃田と清原事件の類似性、及び西本拳太選手の代表指定解除は卑怯な魔女狩り

この話について語りたかったのですが、最初に書こうとした時は小ネタだったので、旧ブログにニュース程度で書いとこうかと思いましたが、続々という程でもないですけど、新情報で重要な話が出てきたため。こちらで。本当はスポーツネタと言ってもスポーツと…

琴奨菊の話

1年か、2年に一度くらいは書く相撲ネタを。日本人力士が10年ぶりくらいに優勝して盛り上がったので、そのネタをば。※1~2ヶ月前につぶやいたことをまとめ直していますので、話が古くてすいません。 報ステが琴奨菊のトレーニング・トレーナーの話をやってい…

[雑誌] 秘伝 2014年 05月号

DVD付き 月刊 秘伝 2014年 05月号 [雑誌] 出版社/メーカー: BABジャパン 発売日: 2014/04/14 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 柳生新陰流(赤羽根龍夫・赤羽根大介) 入門して初めに教わる手之内と運足。足は親指、手は小指。手首の小指側のへこん…

【雑誌】 月刊 秘伝 2014年 04月号

*1 月刊 秘伝 2014年 04月号 [雑誌] 出版社/メーカー: BABジャパン 発売日: 2014/03/14 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 読んだ感想。外国人武道家特集。戸田派武甲流って外国人師範が多いんですね。いつか日本人宗家に伝えるために宗家代理をや…

書評―身体のホームポジション/藤本靖

こっちで初めての記事更新。ブログ移行の見直し&再掲です。元は10/10に書いたものです 身体のホームポジション 作者: 藤本靖 出版社/メーカー: BABジャパン 発売日: 2010/08/09 メディア: 単行本 購入: 3人 クリック: 27回 この商品を含むブログ (3件) を見…

海外FA 松田はメジャーで通用するか?

日本シリーズ書こうと思うも、書くために下調べが…結構かかる。というか、そんなにやる気がでない。ならば、松田の話でも。 松田宣浩海外FA宣言は当然 松田が海外FAを行使しました。そうそう、今江選手も行使してロッテが残留を認めないということで、会見で…

セ界&日本シリーズ崩壊、2015「セパ親善試合」

※ブログインポート後に旧ブログに書いたもので、インポートで反映されなかったので、手動で再掲してます。元は15/11に書いたものです。 日本シリーズ改め「セパ親善試合」 日本シリーズの話を今更。5試合の感想を試合ごとにごっつり書こうと思ってここまで引…

メジャー移籍する選手の「通用」する・しないは、「活躍」の間違い

※ブログインポート後に分割して書いたので、インポートで反映されなかったので、手動で再掲してます。元は15/11に書いたものです。 松田のメジャー移籍のところで書いたわけですが、今後も使いそうなので分割して、単独記事化しました。NPB選手がメジャーに…

山田殺し:素晴らしかった細川のリード

日本シリーズの観戦記を書くよりも単独で書いておきたかった細川のリードの話をようやく書きたいと思います。 ホームゲームで二戦連勝したことでシリーズの行方はほぼ決まりました。しかし、相手のホーム、神宮に帰って中心打者である山田がHRを三発打ったこ…

2015CS ホークスVSロッテ

2015CS 日ハムVSロッテ 2015CSファイナル 今シーズンのパ・リーグは工藤公康のために存在するのか―の続き、CSファイナルの観戦記です。 初戦は左腕の古谷で来るかな?と思いきや、大嶺。大嶺は鷹に相性が良いのか?まるで印象はないが、直近の9/27は7回無失…

身体の話(2015/10) 軸タンブリング

久しぶりに軸タンブリングをやったら発見があったのでその話を。 軸タンブリング自体は、昔軸を作るのに効果的であるというのを読んでからよくやったけど、それ以後そんなにこれ良いな!という実感をあまり得られないために、やらなくなりました。 しかし最…